七夕の食べ物!そうめんを食べる由来とは?お菓子は何がいい?


節分には「恵方巻き」
土用の丑の日には「うなぎ」

このように行事食が決まっている日は
年に何回もありますよね。

必ずしも行事食を食べなければいけない、
と言うわけではありません。

しかし、何かしら意味合いが込められているものです。

昔の人たちも食べていたんだろうな…と思うと、
何故か行事食を取り入れたくなりますね。

7月7日と言えば七夕です。

tanabata

七夕に食される食べ物はそうめんなのですが、
案外知らない人は多いようです。

では何故、七夕の食べ物がそうめんなのでしょう。

そして七夕にちなんだお菓子のことも
この機会に知っておきましょう。

スポンサードリンク

七夕の食べ物でそうめんを食べる由来とは?

七夕と言えば笹の葉や
織姫と彦星のラブストーリーが有名ですよね。

宮城県仙台市で行われる七夕祭りも
全国的に有名なお祭りとして知られています。

七夕に食べられる行事食は「そうめん」なのですが
大概の人は知らなかったりするものです。

soumen

何故そうめんが七夕の行事食かと言うと、
いろいろな由来が残っています。

・そうめんを天の川に見立てている。

・そうめんを機織りの織り糸に見立てている。
・昔は小麦の収穫を神に報告していた
そうめんを食べて夏バテを改善し、健康増進をはかるため。

などなど。

中でも興味深い由来は、
7月7日に索餅(さくべい)という小麦粉料理を食べるとです。

1年間無病無災で過ごせると信じられてきました。

索餅とは1000年以上前から食べられてきた
縄のようにあんだ小麦粉のお菓子のようなものです。

今で言うとそうめんの先祖だと考えられています。

古代中国では
7月7日に亡くなった子供の霊が熱病を流行らせました。

その子が好きだった索餅を供えたところ
怒りが鎮まり穏やかな日々に戻った
という故事があります。

それ以降、
七夕の日には索餅をお供えするようになりました。

索餅は「索麺(さくめん)」になり、
索麺が今度は「素麺(そうめん)」へと形を変えました。

そして今では
そうめんをお供えするのが定番となりました。

七夕にちなんだお菓子は何?

七夕の行事食はそうめんだけれど、
お菓子は何を食べれば良いの?

と疑問に感じる人も多いでしょう。

お菓子に関してはそうめんと違い、
これ!という決まりはありません。

その代わりと言ってはなんですが、
和菓子屋さんでは、天の川をモチーフにしたお菓子が
種類豊富に取り揃えられています。

目でも楽しめる和菓子ならではの
期間限定スイーツを用意しておくのも良いですね。

また、そうめんの起源となった昔のお菓子「索餅」を
作るのもおススメです。

準備するものは小麦粉と牛乳、卵、砂糖、
油なのでどれも常備されているものばかりです。

全ての材料を混ぜてこねます。

縄状になるようねじり合わせ、
油で揚げれば完成です。

お好みで砂糖をまぶしたり、
蜂蜜を付けたりして食べると美味しいようです。

まとめ

七夕の行事食について知らない人は
案外多いようです。

必ず食べなければいけいないという
ルールはありません。

由来がちゃんとあり
昔から食べ続けられているのであれば
少しだけ意識してみませんか?

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ