七夕祭りの由来とは?短冊の意味と作り方はコレ!


7月7日は七夕ですね。

七夕と言えば織姫と彦星のラブストーリーが有名です。

orihimetohikobosi

また、笹の葉に願い事を書いた短冊を飾ったり、
そうめんを食べたり様々な風習もあります。

そもそも七夕の由来や短冊の意味について
知っていますか?

ただ単に七夕を迎えるのではなく、
由来や意味に知っておくと
より楽しめるようになるのではないでしょうか?

そこで、七夕の由来と短冊の意味について、
そして、短冊の作り方も調べてみました。

スポンサードリンク

七夕祭りの由来とは?

七夕祭りの由来として一番有名なのは、
織姫と彦星のラブストーリーだと思います。

琴座のベガは織女(しゅくじょ)星と呼ばれ
裁縫の仕事を司った織姫のことです。

わし座のアルタイルは牽牛(けんぎゅう)星と呼ばれ
農業の仕事を司った彦星のことです。

2人が1年に1度、
7月7日の日だけ会えるストーリーは
子供から大人までもが知っている有名な話です。

2つの星が旧暦の7月7日に天の川を挟んで
最も輝くことから、
このラブストーリーが作られたと言われています。

そして実は、
七夕祭りの由来は織姫と彦星以外にも説があるそうです。

日本では「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれる
禊(みそぎ)の行事が古来よりありました。

お盆前に行われていた為、
先祖の霊を祭る前の禊の行事だと言われています。

7月6日に選ばれた乙女は
清い水辺にある「機屋(はたや)」にこもります。

そこで、神様のために心を込めて着物を織り続け、
7月7日の夕方に禊をします。

この棚機が今の「七夕」に変わったのではないか、
というのが1つ目の説です。

そしてもう1つの説は、
乞巧奠(きこうでん)です。

古代中国の宮廷行事です。

それは、7月7日に織女(しゅくじょ)星にあやかって、
はた織やお裁縫、
書道などが上達するようにとお祈りする風習がありました。

そこから七夕が生まれたと言われています。

その証拠に中国では
七夕の日に針や糸を祭壇に供える風習があったようです。

以上3つが七夕祭りの有力な由来だと考えられています。

短冊の意味は?

笹につける飾りにはいろいろとありますよね。

実はただ単に飾っているのではなく、
ひとつひとつにちゃんと意味があるのです。

7月に入れば至るところに飾られる笹の葉。

意味を理解して見てみると更に楽しめるはずです。

・紙衣(かみこ(ご)ろも)
ミニチュアな着物の飾り。

棚機津女が織り神にささげた衣ということで、
一番上に飾られるのが基本。

病気や災害の身代わり、
女の子の裁縫や機織の上達を願うもの。

・巾着(きんちゃく)
昔のお財布。

節約と貯蓄の心を養う意味と
商売繁盛を願うもの。

・投網(とあみ)・ねじり網
魚を捕る網を真似た飾り。

海の幸の大漁を願うと共に
海の恵みへの感謝を意味する。

また幸せを絡め取るという意味も持つ。

・吹流し(ふきながし)
織姫の織り糸を象徴する飾り。

長寿を願うもの。

皆さんお馴染みの短冊は、
もともと学問や書道の上達を願った飾りでした。

tanabatatannzaku

また赤、青、黄、白、黒が用いられていましたが、
現在では青、赤、黄、白、浅黄、紫が一般的です。

願いがかなう短冊の作り方

実は短冊のサイズは
原則決まっている事を知っていますか?

縦36.4センチ
横6.1センチとなっています。

ミリ単位まで決まっていて、難しそうと思うかもしれません。

しかし、必ず守らなければ
願いが叶わないというわけではないので安心してください。

短冊には「~になりますように」
書かれているのをよく目にします。

しかしこれでは
自分の願いを報告しただけにすぎません。

ではどうしたらいいのか?

「~になる!」と断言した形で書きましょう。

願いが叶うというよりも、
自分で断言したからには頑張ろう!

という気が起きて成功しやすくなるようです。

今までずっと「~なるように」と書いていた人は、
次の七夕からは「~なる!」に変えてみましょう。

まとめ

夏の恒例行事として定着している七夕です。

由来や飾り物の意味、それに短冊の書き方など
知っているようで知らないことばかりですよね。

知識を得ていれば、
いつもとは違った七夕を迎えられるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ