インフルエンザの予防接種の時期、子供はいつがベスト?料金は?


寒くなると流行りだすのが、インフルエンザです。

今年は、早いところでは、
10月に学級閉鎖になった学校もあります。

子供は、学校で流行りだすとたちまち、菌をもらってきます。

そこで、インフルエンザが流行りだす前に、
予防をしておきたいものです。

そのための対策として、予防接種があります。

sick_chuusya

予防接種をすると、必ず“かからない”ということはありませんが、
発症や重症化をある程度予防する効果はあります。

なので、“ぜひ”と言われてもどうすれば・・・

そこで、今回はインフルエンザ予防接種時期料金
子供中心にまとめてみました。

スポンサードリンク


 

子供のインフルエンザの予防接種の時期はいつがいい?

インフルエンザの予防接種は、
毎年10月中旬ごろから始まります。

予防接種は生後6ヶ月からうけれます。

インフルエンザの予防接種を受けて、
抗体が出来るまで3~4週間かかります。

なので、インフルエンザがピークになる12月下旬ごろには、
インフルエンザの抗体が出来ていてほしいものですね。

しかし子供の年齢によって、接種回数、接種する間隔
が異なります。

そこで、年齢別に、接種回数、接種する間隔をまとめました。

=接種回数=

・6ヶ月~13歳未満・・・2回
・13歳以上   ・・・1回

13歳未満の子供は、1回では十分な抗体ができない可能性があるため、
2回受ける必要があります。

13歳以上の人でも、2回受けても差し支えはありません。

予防効果は、1回接種で約65%、2回では約95%と言われています。

=接種する間隔=

・6ヶ月~13歳未満・・・2週間~4週間
・13歳以上   ・・・1週間~4週間

なるべく、4週に近い方が効果があるので、
3週間あけるのがよいとされています。

以上から、
1回目の予防接種の時期は11月中。
2回目の予防接種の時期は12月中旬。
までに受ける必要があります。

大事な試験を控えた受験生は、2回接種をしておくと安心でしょう。

インフルエンザ予防接種の金額は?

今年2015年から、インフルエンザのワクチンが
3価から4価に変更になったのをご存じでしょうか?

先日ニュースでしていました。

これまでは、A型2種類とB型1種類の3種混合だったのが、
B型が2種類になって、4種混合になりました。

wakutin
出典:http://momonestyle.com/the-timing-of-vaccination-of-influenza

それに伴って、金額も500円以上高くなっています。

また、インフルエンザの予防接種は自由診療(保険適用外)なので、
病院によって、値段もいろいろです。

6ヶ月~13歳未満の子供だと、1回3000円前後が多く、2回接種なので
6000円近くになります。

しかし、

2回目は、少し安くなったり、無料という所もあるようです。

ちなみに13歳以上は3000円高齢者は1500円
が相場のようです。

金額が違うからと言って、ワクチンが違うわけではありません。
基本的には同じワクチンです。

また、市町村によっては、補助が受けられる場合もあります。
会社が、一部負担してくれる所もあるようです。

一度調べてみてはいかがでしょうか?

予防接種は何科で受けられる?

では、予防接種を受けたいんだけど、どの科に行けばいいの?
という人も少なくないと思います。

予防接種を受けれるのは、小児科や内科だけではないのです。

意外と耳鼻科や整形外科・皮膚科に呼吸器科・外科などでも、
受けれるところはあるようです。

また、小さい子供なら、お母さんと産婦人科で受けるのも一つの手だと思います。

妊娠初期の妊婦がインフルエンザの予防接種を受けてもいい?”

保健所でも、受けれるようですが、実施日が決まっているようです。

予防接種を受ける時は、病院に問い合わせてからにしましょう。

ちなみに、私のお勧めは、耳鼻科です。
小児科や内科だと、インフルエンザにうつる可能性があるからです。

まとめ

いかがですか?

ワクチンは同じでも、医療機関によって、
予防接種の金額がちがうとは・・・

また、予防接種は任意接種なので、
受けないという人もいると思います。

しかし、子供がインフルエンザにかかると、親も大変なので、
出来れば、家族全員で受ける事をお勧めします。

我が家も、今年は受験生がいるので、
家族全員で、受けようと思っています。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ