竹田城跡へ雲海を観に行ってきた様子や駐車場情報を紹介!


「日本のマチュピチュ」「天空の城」と呼ばれ、
今や大人気の雲海に浮かぶ「竹田城跡」

一度は行ってみたいとは思っていたものの、
なかなか行けずにいたのですが、
先日ようやく見にいくことができました。

0takeda

相変わらずの人気で、早朝にもかかわらず、
たくさんの方が竹田城跡の雲海を見に来られてました。

そこで、今日は竹田城跡雲海を観て来た様子を
画像などで紹介するとともに、駐車場情報なども
紹介していきますね。

また、次の記事では竹田城跡の雲海が
出る時期と時間や、雲海が発生する条件などを
詳しく紹介しますのでお楽しみに。

スポンサードリンク


 

山城の郷駐車場は駐車できずも雲海バスは高いのでP5へ

10月24日の土曜日に家族5人で竹田城跡へ
雲海にを観に行ってきました。

事前に和田山町竹田地区の気象情報を調べ、
予想気温が最低9度、最高24度、湿度約70%、少々風ありと
いうことでたぶん雲海が観れるだろうと思いました。

服装は予想気温が10℃以下だったので防寒具を持参
そして軽快に歩けるスニーカーか運動靴を履いていきます。

そして、持参品は「懐中電灯」「雨具」「カメラ」などですね。

姫路を午前3時30分頃出発し、「山城の郷駐車場」を
目指して行きました。

http://www.city.asago.hyogo.jp/0000004047.html
朝来市のホームページでは9月3日(土)から11月27日(日)まで
渋滞等の混乱が発生しやすい土日祝日の早朝
イオン和田山店から「雲海バス」が運行されるとありました。

しかし、大人片道500円の運賃が必要で家族5人では
往復5,000円の運賃がかかってしまいます。

時間にして片道10分くらいなのですが、往復で
5,000円も払うのはちょっともったいないと思い
「雲海バス」の利用はやめました。

朝来市のホームページの竹田城跡駐車場案内によると
土日祝日の早朝も「山城の郷駐車場(P1、P2、P3)」が
駐車可能のようだったのでそこを目指しました。
http://www.city.asago.hyogo.jp/cmsfiles/contents/0000003/3314/takeda_map.png

「山城の郷駐車場」がダメなら、「P6竹田区」の
駐車場を利用するつもりです。

午前4時30分くらいに「山城の郷P3」に到着したのですが、
係員がいらっしゃって、

土日祝日は近隣住民の迷惑になるので、早朝は、
「山城の郷P1,P2,P3」も「P6竹田区」も駐車できない

とのことでした。

それなら、ちゃんと土日祝日の早朝は利用出来ませんと
ホームページに記載しておいてほしかったですね。

私たちの前や後にも数台の車が次々と同じように
来ていたので、やはり告知不足だと思います。

最悪どこもダメだったら「P5竹田城下町観光駐車場」に
停めようと思っていたのでそこを目指します。

「P5竹田城下町観光駐車場」からは竹田城跡まで
徒歩で約55分

かかるそうですが、時間も早いので
日の出まで十分に間に合いそうです。

「P5」に到着すると時間は午前4時45分くらいで
すでに2台ほど車が駐車されており
警備員さんがいらっしゃいました。

外へ出ると少し寒くて気温は8~9℃くらいでした。

早朝にでかける場合はやはり防寒具が
必要ですね。

最初の予定では竹田城跡までの距離が近そうな
駅裏登山道を登って竹田城跡の雲海を
観にいく予定でした。

しかし、警備員のおじさんによると中学生の子供もおり、
暗くて危険なので南登山道のほうがいいよと
教えていただきました。

南登山道はすべてアスファルト舗装の
道なので安全に歩くことができるそうです。

少し遠まわりになりますが、南登山道で
竹田城跡を目指すことにしました。

時間は午前4時50分くらいです。

「P5竹田城下町観光駐車場」から「南登山道」の
入り口までは一般道を歩いていきます。

早朝なので1台だけ車を見かけましたが、
ほとんど車は通りませんでした。

「南登山道」の入り口に門扉があり、
午前4時からでないと入れないようです。

1takeda

車両も通行止めになっているようです。

2takeda

午前5時くらいに「南登山道」の入り口に到着。

「南登山道」の入り口にくるとまたまた、
警備員の方がいらっしゃり、ここから竹田城跡へ
行けますと案内していただきました。

南登山道は「車両通行止め」になっているので
ここからは安全に歩いて登ることができます。

アスファルト舗装されていますので歩きやすいです。

3takeda

ひたすら真っ暗な道を歩いていきます。

4takeda

もうすぐ分岐点のようです。
「南登山道」の入り口からここまで約15分くらいです。

5takeda

しばらく歩いていくと分岐点があり、
「山城の郷」と「竹田城跡」へ行く道に分かれていました。

6takeda

そして、「山城の郷」のほうから
おそらく雲海バスを利用されたであろう方が
次から次へといらっしゃってました。

3差路を右にまわり「竹田城跡」のほうへ
歩いていきます。

そして、7~8分くらい歩くとようやく、
料金所の明かりが見えてきました。
午前5時40分くらいです。

7-1takeda

料金は大人500円で中学生以下は無料だったので
大人3人分の1,500円を払っていよいよ
竹田城跡へ登っていきます。

7-2takeda

この時点ではまだ薄暗いのですが、
少しずつ明るくなってきています。

8takeda 9takeda

竹田城跡から雲海が望む

やっとのことで竹田城跡に到着したのが
午前5時50分くらいでしょうか。

わくわくして竹田城跡から雲海を望みます。

竹田城跡からの雲海の景色ですが、夜明け前と
朝日が昇った後では景色を変えるために、
風景が違います。

その二つの顔を観るためには、夜明け前に
竹田城跡に到着しておきましょう。

今日の竹田城跡からの雲海ですが、
少し風があり、湿度が少し低かったせいか、
雲海は少し薄いようですが、その景色は絶景でした。

では、写真でその景色を紹介していきますね。
※画像はクリックで拡大します。

ちょっとピンボケしていますが竹田城跡から南側を
観た風景です。
ちょっとだけ雲海がでています。

10takeda 11takeda

12takeda

撮影スポットには既にたくさんの方がいらっしゃいました。

13takeda 14takeda

15-1takeda 15-2takeda

午前6時頃です。
だいぶ明るくなってきました。

16takeda 17takeda

18takeda

こちらの撮影スポットにもたくさんの方がいらっしゃいます。

19takeda 20takeda

21takeda

午前6時30分頃です。
もうすぐ日の出です。

22takeda

みるみるうちに太陽が上がっていきます。

23takeda 24takeda

25takeda 26takeda

27takeda 28takeda

竹田城跡から駅裏登山道で下山しました

竹田城跡から雲海を観終え、午前7時頃から
駅裏登山道で下山しました。

下山道の入り口は料金所のすぐ前にあり、
画像のように看板もあるのですぐ分かりました。

29-1takeda 29-2takeda

29-3takeda

下山道は階段になっているのですが、最初は
一段一段の落差が大きく結構足に負担がかかります。

30takeda 31takeda

下山途中にも少し雲海が見えました。

32takeda

ようやく竹田城城門まで降りてきました。
下山所要時間は約20分くらいでした。

33takeda

竹田城城門から竹田城跡まで920m

34takeda

駅裏登山道も午前4時からでないと登れないようです。

35takeda 36takeda

竹田城城門からさらに歩くと竹田駅が見えてきます。

37takeda

駅裏の道から駅裏登山道への入り口へと続く道です。

38takeda

竹田駅裏の道を竹田まちなか駐車場のほうへ帰っていきます。

39takeda

途中に下から竹田城跡を望みました。

40takeda

竹田まちなか駐車場です。
ここは午前7時以降でないと駐車できません。
午前7時40分くらいですが、結構空きがありました。

41takeda 42takeda

国道312号線脇の歩道を歩き
「P5竹田城下町観光駐車場」まで帰っています。

43takeda

ようやく駐車場に到着です。
時間や午前8時頃。

ゆっくり歩いて帰ってきましたが、竹田城跡の料金所から
「P5竹田城下町観光駐車場」までの所要時間は約1時間
でした。

44takeda

駐車場にはいろいろな看板が設置されていました。

45takeda 46takeda

47takeda

竹田城跡へ雲海を観てきた感想

いかがですか?

念願の竹田城跡の雲海!!

寒かったのですが、とても神秘的でした。

沢山の人にもびっくりしました。

12月6日までしか登れませんので、この機会にでひ
登ってみて下さい。

今度は、天空に浮かぶ竹田城跡を、
立雲峡から、見てみたいと思っています。

我が家は、竹田城跡が近いので、竹田城跡に行きましたが、
岡山の高梁市や、福井の大野城も雲海が神秘的だと、
TVでしていました。

近くの人は、一度行ってみては・・・

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ