暑中見舞いの時期はいつ?書き方のルールといろいろな例文


毎年、夏になると送られてくるのが暑中見舞いです。

syotyuumimai

ちゃんと自分からも送っていますか?

どんなことを書いたらいいのかわからなくて、
送るのをやめる人も多いのではないでしょうか?

日頃なかなか会えない方へ、ぜひ送りたいものです。

そこで、暑中見舞いを送る時期例文について調べてみました。

参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

暑中見舞いの時期はいつ?

暑中見舞いとは夏の暑い時期に、
安否を尋ねたり、近況を報告する季節の挨拶状です。

厳密には何日からということは決まっていません。

1.夏の土用(7月20日)~立秋の前日(8月7日)

2.小暑(7月7日)~立秋の前日(8月7日)

3.梅雨明け~立秋の前日(8月7日)

が一般的な目安のようですが、
梅雨が明けて少したった、一番暑い時期に送るのが理想的です。

梅雨明けと言っても、地域差があるので、注意しましょう。

また、立秋(8月7日)までに届くように送りましょう。
立秋を過ぎると残暑見舞いになってしまいます。

暑中見舞いの書き方のルール

暑中見舞いを書くにあたって、気を付けることがあります。

頭語(こんにちは)結語(さようなら)などの言葉や、
一般的なもので、(拝啓~敬具)不要です。

相手を立てて書くことが大切で、話題の順番も相手が先で、自分はその後です。

書く位置も相手の名前や話題が自分より下にならないよう配慮しましょう。

基本的な文章構成

①季節の挨拶
「暑中お見舞い申し上げます」と決まり文句は、やや大きめに書きます。

また、「暑中見舞い申し上げます」ではなく、
「暑中お(御)見舞い申し上げます」と必ず「お」をつけましょう。

②相手の安否を気遣う言葉
7月初旬から立秋の頃までにふさわしい季節の挨拶の言葉です。

例「暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。」など。

③自分や家族の近況報告
受け取る人が楽しめるように、具体的な内容でかきます。

例「私たちはおかげさまで、元気にすごしております。」など。

④相手の無事や健康を祈る言葉
相手の体調を気遣う言葉で締めくくるのがいいでしょう。

例「まだまだ暑い日が続きますが、体調にはくれぐれもお気をつけ下さい。」など。

⑤日付
「○年○月○日」というような正確な日付は書かずに、
「平成○○年盛夏」・「平成○○年」と書きます。

表書きの注意点

名前を連名で書くときには、どちらにも「様」を付けましょう。

自分の住所・名前は出来れば、表に書きましょう。

syutyuumimai

暑中見舞いのいろいろな例文

<一般>

暑中お見舞い申し上げます
厳しい暑さの毎日ですがいかがお過ごしでしょうか。
今年も例年以上の猛暑とのこと先がおもいやられますね。
当地は多少過ごしやすいですから遊びにおいでください。
まずは暑中お見舞いまで。

暑中お見舞い申し上げます
炎暑ことのはか厳しい折、皆様お元気でいらっしゃいますか。
おかげ様で私どももつつがなく過ごしておりますのでご休心ください。
暑熱耐え難き時節柄、皆様おそろいで、
ご壮健にてこの夏を乗り切られますようお願い申し上げます。

<上司>

暑中お見舞い申し上げます
連日暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
この度は忙しい中、休暇を頂きありがとうございました。
おかげ様で、両親に孫の顔を見せる事が出来、家族一同感謝しております。
今年はまだまだ暑さが続きそうですので、くれぐれもご自愛くださいませ。

暑中お見舞い申し上げます
日差しも強くなってきて、夏もいよいよ本番です。
元気で過ごしていますか
私の方は特に病気もせずに過ごしています。
こっちは大分暑さも和らいできたので、いつでもいらしてくざさい。
まだ気が抜けないので、お互い体調に気を付けて夏を乗り越えましょう。

<両親・家族>

暑中お見舞い申し上げます
連日、厳しい暑さが続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
私どもは特に怪我も病気もせず、無事毎日を謳歌しております。
今年のお盆はいつも通り帰省する予定なので、今から二人に会うのを楽しみにしています。
そっちはもうすぐ暑さも和らいでくると聞いていますが、まだまだ気をぬかず、
無事夏を乗り切ってください。

<恩師・先生>

暑中お見舞い申し上げます
猛暑の日々が続きますが、●●様におかれましてはますますご壮健のことと存じ上げます。
私ども家族もおかげさまで、無事つつがなく過ごしております。
酷暑の折、何卒ご自愛のほどお祈り申し上げます。

以上、ほんの一例をあげて見ました。

自分のオリジナリティを出した文章にすると、もらった人は嬉しいのではないでしょうか。

まとめ

ここ最近は、スマホや携帯電話が主流になってきました。

だから暑中見舞いはメールでも、構わないとおもいますが、
それでは味気ない気がします。

最近は、かもめーるが、年賀状のように、暑中見舞い用のはがきになっています。

夏らしいイラスト入りのかもめーるに一言添えて、
普段からお世話になっている人や、なかなか会えない友達などに、出してみてはどうでしょう。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ