野菜の冷凍保存できる期間は?保存と解凍のコツは?.


「冷凍保存は節約にもつながります」

気付いたらこの間買ったばかりの野菜だったであろうものが
冷暗所や野菜室でぐでぐでになっている。

そんな事が梅雨、暑い季節に多く見られるようになりますよね。

そこで今回は、冷凍には不向きな野菜の上手な冷凍保存の仕方や、
美味しく保存する為に欠かせない期間などについて
掻い摘んでお話していきたいと思います。

冷凍保存を活用すると、野菜だけでなくお肉やお魚であっても
無駄にする事はなくなるので、大量に買って節約にも繋げる事も出来ますよ。

スポンサードリンク


 

冷凍に不向きな野菜は?

レタス白菜大根といったものは、
基本的に水分が多いために冷凍保存には不向きだといわれています。

冷凍保存すると解凍した時にベチャベチャになりやすいようなので、
白菜や大根でしたらお鍋に活用するのもありですが、
レタスは基本的にサラダ用品なので諦めるしかないかもしれません。

もしどうしても食べたい場合は、

レタスの場合自然解凍して塩もみするといいようですよ。

また、

大根はすりおろしたものであれば
そのまま自然解凍で使えて重宝するといわれています。

さて、よく洗わないでそのまま調理するといわれているきのこ類はというと、
もちろん冷凍する前も洗わなくて結構。

石突きを取ってただフリーザーパックに入れるだけ

でいいとされています。

sarada

野菜を冷凍保存できる期間とは?

ただ冷蔵庫で保存すると3日ほどで傷んでしまう野菜でも、
きちんとした方法でさえ冷凍保存すれば1~3ヶ月はもつようになります。

特にネギやしょうがといった薬味類は、
みじん切りやすりおろしにして冷凍保存。

凍ったままスプーンなどですくってお味噌汁にいれたりする事が出来ると
重宝する方も少なくないと言われています。

野菜のおいしさそのままに!冷凍保存と解凍を成功させる方法

野菜を冷凍保存する際は、

基本的には軽く茹で、
水気をしっかりと取ってからフリージングパックに入れます。

きゅうりなどは、もともと水分に弱いのでまず塩で揉んでから
水分を抜いて保存しましょう。

トマトは洗わず、そのままヘタを下にして
フリージングパックに入れて保存できます。

やりがちなのが「残ったから」「傷んできたから」
といった理由から行う冷凍保存ですが、出来れば買ってきた時点で
下ごしらえして保存すると新鮮なまま保存する事が出来ます。

また、急速冷凍が望ましいですから、出来れば冷凍庫の設定温度を下げ、
金属トレイなどの上に乗せると温度の伝導が早く済んです
ばやく冷凍できるようになります。

もちろん、下茹でした際にもきちんと冷ますことが大切です。

解凍の基本は、そのまま食べるのか料理に使うかなどでだいぶ変わります。

そのまま食べる際は、基本的に自然解凍が望ましいですから、
よほど暑い日以外は室温解凍に。

野菜炒めなどの場合は凍ったまま入れて大丈夫です。

reidouko

まとめ

「ウチでは基本的にお肉でいっぱい」

ウチでは旦那様が大量に買ってきたお肉、
冷凍食品で冷凍庫が常にいっぱいでございます。

私的には出来れば野菜もある程度冷凍保存しておいて、
子供の離乳食などに加工しやすいようにしておきたいのですが、
それはなかなか実行できないという悲しい現実があります。

まずは冷蔵庫を小さくて可愛いサイズから、
大きいファミリーサイズにするところから始めるしかないかしら。

でもそうすると、ついつい要らない食材まで大量購入してきて
結局無駄にしてしまいそうという不安もある節約ベタな筆者でございます。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ