マイナンバー制度で預金口座はタンス預金にも適用されるの?


最近、ニュースを見ると『マイナンバー制度』という言葉をよく耳にしますよね。
耳にはするけど、半数以上の人が具体的な内容を知らなかったりします。

確かに、なんだかいきなり出てきて、「10月から郵送します」と言われて、
若干戸惑ってしまいますよね。

マイナンバー制度』とは、具体的にはどういうものなんでしょうか?
知っておかないとマズイかも!?

今回は『マイナンバー制度』の基本的なことをはじめ、
メリットやデメリット、銀行預金タンス預金などについてご紹介していきます。

スポンサードリンク


 

マイナンバー制度とは?

『マイナンバー制度』、本当に最近よく耳にしますよね。

ニュースでも詳しく説明がされたりして、
ちょっとは分かったような分からないような。

イマイチ分かりづらいという残念な特徴があります。

かと言って、あんまりダラダラと説明してしまうと余計に分かりづらくなるので、
ここでは簡潔にお話していけたらと思います。

bangou

『マイナンバー制度』、正式には「社会保障・税番号制度」と言います。

12桁の数字をランダムに構成させた数字で、国民1人1人に割り当てられます。

実はこれ、海外では結構昔から行われていることで、
海外ドラマ好きの人なら「社会保障番号(アメリカ)」
っていう単語を聞いた人もいるのでは?

まさにあれが、今回日本ではじまる『マイナンバー制度』と同じなんです。

話を元に戻しますが、日本では現在、公的機関において
各所で個人情報の管理をしています。(市役所や税務署、年金事務所など)

ここに『マイナンバー制度』を導入することで、

お役所間のやり取りをスムーズに行うことが出来る

ようになるんです。

今まではそう簡単にはいきませんでしたからね。
結構手間がかかっていました。

他と個人情報の照会がしやすくなることで、国民とお役所間の手続き自体も
簡潔になり、時間の短縮にも繋がる・・・と言われています。

「「なんだ、滅多に役所なんか行かないし、あんまり関係ないや」」

と思うのはまだ早いですよ!
実際にすぐに関係してくるのが、12月にある「年末調整」です。

毎年会社などに提出していると思いますが、今年からは
「自分(と扶養家族分)」のマイナンバーを会社に知らせる必要があります。

そんな『マイナンバー制度』ですが、
今年の10月1日から郵送がはじまりました!

自分の手元に届くのには「通知カード」というもので、
時間がちょっとかかりそうですね。

普通の郵送ではなく、
「簡易書留」なので手渡しになります。(ポスト投函ではない!)

もし不在の場合にはお知らせの紙が入るはずなので、
指示のもと受け取りましょう。

仮に

1週間、受け取らないでいると郵送元に返送されてしまう

ので、
注意が必要になります。忘れず受け取りましょう!

「通知カード」を受け取ったら、会社にまずは番号の報告をしましょう。

それ以外には教えず、自分だけが把握している形です。

なので、家族にはもちろん、友人などと話すのもご法度です!

それと、「通知カード」が届いたら作れるようになるのが
「個人番号カード」というものです。

これには以下の内容が書かれています。

・氏名   ・住所   ・生年月日   ・性別
・マイナンバー    ・本人写真   ・ICチップ付き

主に、本人確認のための身分証明書として使用出来ます。

運転免許証を持っていない!という人にとっては、便利なものになります。

住基カードもありますが、ちょっと効力が薄いんですよね・・・。

ゆくゆくは使える範囲を広げていくようですね。

例えば、「確定申告(電子申告)」「印鑑登録証」などです。

図書館の利用証としても使えるようにするそうですが、
実装にはまだまだです。

・・・ざっと説明すると、こんな感じです。

今後ずっと関わっていくことになる制度なので、
しっかりと把握しておきたいことの1つですね。

マイナンバー制度のメリットとデメリット

では、そんな『マイナンバー制度』ですが、
メリットがあればもちろんデメリットもありますよね。

一体どういうものが挙げられるんでしょうか?
メリットは、上記でもお話しましたよね。一番は、アレです。

< マイナンバー制度のメリット >

・自分とお役所間のやり取りが簡潔になる。(時間も短縮)
・お役所間同士のやり取りがスムーズになる。(個人情報照会可能に)
・何かと必要だった「住民票」の添付が不要になる。(マイナンバー1つでOK)
・身分証明書にもなる「個人番号カード」が発行できる。
・各種不正受給の防止(年金や生活保護、脱税など)

主にここら辺のことがメリットだと思います。

一番はやっぱり、
何かと手続きをするのに時間がかかっていたお役所関係です。

いろんな申請書を添付して、
身分証明も添付して~とどっさりでしたもんね。

では、デメリットは?なんだと思いますか?

< マイナンバー制度のデメリット >

・会社側の負担が増える(まず実装までの設備強化、セキュリティ関係など)
・情報流出の危惧(個人情報の塊であるがゆえのデメリット)
・なりすまし被害(他者の番号を知って行うなりすまし)

これらが今言われているデメリットです。

ただ、言われている以上はちゃんとした手も講じています。

「情報流出」に関してはかなり何重にも措置が取られているようで、
万が一情報が漏えいした場合、被害が限定的にになる

と言われています。

なりすまし被害については、海外であるような
「番号を口頭で伝える」という方法は採用しません。

本人認証が必要な場合、個人番号カードや運転免許証などの顔写真付き身分証明書で
本人確認を行うことを法律で規定されています。

なので、発生する可能性は低いと言われています。

ただし、今後『マイナンバー制度』の範囲が拡大していく予定だそうで、
今は「社会保障、税、災害対策」に限定されていますが状況も少し変わるのでは?
という懸念があるのも事実のようです。

それでも、他の国で出ている被害を把握しての検討のようなので、
色んな方法で防ごうとしているのも事実ですね。

マイナンバー制度で銀行預金に税金がかけられるの?

この話は、テレビやネット上で多くの議論を呼んでいるようですね。

ですがその前に、『マイナンバー制度』と「銀行預金」についてのお話です。

『マイナンバー制度』の郵送がはじまり、実際に開始するのは来年1月です。

その後、2018年から銀行預金者に対して
“任意”で銀行への登録を勧めるそうです。

これがいわゆる「銀行口座への紐付け」です。

ginkouyokin

1~2年は任意だそうですが、3年後くらいから強制力も出るのでは?
と言われていますよね。

そうなると、個人資産を把握されることに繋がるため、
所得に応じて決められる税金・社会保険料などに金融資産も含めて考慮される
ようになるのでは?と考えられています。

銀行口座と紐付けされることで、税務署は個人納税状況と預金額を
参照できるようになるため、「脱税」の摘発が容易になる

ことが考えられます。

または、「預金はいっぱいあるけど収入面では少ない」なんて人もいますよね?

そういう人は「資金課税」ということで税金を徴収されるようになる
・・・かもしれません。

こうういった不公平差がなくなるであろう一方で、
国が個人の金融資産を把握できるようになるのは危険では?という声もあります。

これが、現在決まっている内容です。
ここでは全く「銀行預金に税金が!」なんて話、出てませんよね。

実は、「マイナンバー改正法」には一切そういう話が入っていないんです。
関係してくるのは貯金税というものです。

それなのに、なんでこんなに話題になっているのかというと、

「国が個人資産である預金口座を正確に把握できるようになる」

「貯金税という預金への課税について議論が高まる」

「預金口座が危ないんじゃ!?」

というのが、どうも原因のようです。

上記でもお話したように、一切、貯金税については触れられていません。
政府関係者が“貯金税を検討している”などという話もしていません。

なので、現在言えることは「心配しなくていい」ということです。

もちろん、可能性としてはゼロではありません。
ですが決まってもいないことに一喜一憂するのは、損ですよね。

焦らず、まずは現状把握、情報確認を優先させましょう。

マイナンバー制度導入でタンス預金まで課税対象になる?

これも上記の「銀行預金に税金が!?」のお話と一緒です。

「国が個人資産である預金口座を正確に把握できるようになる」

「貯金税という預金への課税について議論が高まる」

「預金口座が危ないんじゃ!?」

「タンス預金による税金逃れがバレちゃうんじゃ!?」

「タンス預金が危ない!」

という流れの話が出来上がってしまったようです。
噂とはおそろしいものですね・・・。完全に一人歩き状態です。

貯金税について話が出ていない以上、
現時点では「不明」としか言いようがありません。

もちろん、銀行預金の話と同様に、
全くありえないという話でもないのは事実です。

ですが、不明なことを今からどうしようと不安に思ったり、
考えたりするのは疲れちゃいますよね。

今から考えるのはやめて、まずは、
『マイナンバー制度』について理解することが先じゃないでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?
詳しく説明し始めると、かなーり長くなってしまうので結構簡略化しています。

たぶん、自分の手元に「通知カード」が届くまでは
誰もピンと来ないんじゃないかと思います。

「実際に目にするまでは」ってやつですね。

11月中までには届く、という話ですが・・・どうなんでしょうね?

「個人番号カード」も、確か任意作成だったと思いますが、
受け取りには本人が行く必要があります。

そりゃそうですよね、個人情報ですし。

なので、お年寄りが一番必要なのに、
一番行きづらいというか大変ですよね。

そこらへんもちょっと問題になっていますが、
なかなか難しいものです。

もちろん、私みたいに免許持ってない人間にとっては
大変便利な身分証明書になりそう。

未成年者にとってはさらに有用なのではないでしょうか?

ただ、年齢が下がれば紛失などの心配も出てくるわけで・・・実装されてから
この状況になれるまでが一番の山場とも言えますよね。

今後も変化し続けるであろう『マイナンバー制度』、
しっかりとその変化を見届けていきたいものです。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ