秋の花粉症の予防と対策!対処法はコレ!


なんだか目がかゆいし、鼻がムズムズする!
これってもしかして、秋の花粉症!??

と思っているあなた、本当に『秋の花粉症』かもしれません。

春にある花粉症と同じように、秋にも花粉症があります。

原因は前回お話した通り、主なものはブタクサヨモギですね。
周りを見てみると結構あったりするので、クセモノです。

『秋の花粉症』にならないための予防法は?
実際に『秋の花粉症』になってしまった!

kafunsyou

こういうときは、どうすれば良いんでしょうか?

基本的なことは思い浮かびますが、
具体的な方法を知りたいですよね。

今回は『花粉症』の予防と対策
食物アレルギーとの関係性などについてご紹介していきます。

スポンサードリンク


 

秋の花粉症の予防と対策法は?

さて、まずは知っておきたい『秋の花粉症』の
予防と対策法についてです。

おそらく、既に春の花粉症を経験している人は、
どうしたらいいのかは想像が出来ると思います。

自分自身に出来る予防・対策法としては、
以下のようなものがあります。

< 秋の花粉症 ~予防と対策法~ >

①マスクを着用する

外出時はもちろんですが、出来れば室内でも着用しておくと楽です。

あとは、鼻の部分はしっかりと山折りにして、
あごもしっかりをカバーしましょう。

隙間があると花粉が入ってきちゃいます。

②帽子をかぶる

外出時、髪の毛に花粉がつかないように帽子をかぶりましょう!
女性ならば、髪も結んでおくとより防ぐことが出来ます。

③帰宅時、玄関外で服についた花粉を落とす。

これは花粉症の人なら知っていることですよね。

これをするだけで、室内に持ち込んでしまう花粉の量が変わります。

落とす際は、パンパン叩くのではなく、上から下になでる感じです。

叩くと空気中に舞ってしまうのでダメです。

④空気清浄機を使う

今では結構持っているおうちも多いと思いますが、
まだ持っていない場合はこの機会に購入をおすすめします。

花粉症の侵入を防ぐため、なかなか窓が開けられない。
という場合にはかなり重宝します。

⑤掃除機をこまめにかける

普通にかけると空気中を舞ってしまうので、
出来れば加湿器を付けた後に掃除機をかけましょう。

水分が花粉に付いて、床に落ちるためです。
そうすれば掃除機でも吸いやすくなりますよね。

こんな感じでしょうか。

本当に基本的なことですが、
全部やると大変なので自分が出来る範囲でやってみましょう!

花粉症と食物アレルギーの関係は?

出来ることはやってみる!ということでご紹介しましたが、
ちょっと気になるのが食物アレルギーとの関係です。

実は、

元々アレルギーもちの人は
花粉症になる可能性が高い傾向にあるそうです。

ただ高いだけでなく、重度になりやすい

のも特徴と言えますね。

さらに、花粉症の人は食物アレルギーになる可能性も高くなり、

花粉症患者の約1割が「食物アレルギーである」

と言われています。

食物アレルギーになる仕組みとしては、
ブタクサ花粉症の人がブタクサと同じタンパク質(抗原)の食べ物を食べると、
食物アレルギーを発症してしまうそうです。

主な症状は、唇の腫れ喉のかゆみなどです。

重症化してしまうと、
呼吸困難などにもなってしまう場合もあるようです。

ブタクサやヨモギに似たタンパク質を持つ野菜などは、
代表的なもので「ニンジン」「セロリ」「メロン」などがあります。

出来るだけ口に入れないようにする、
ということも必要になってくるのかもしれませんね。

秋の花粉症にかかってしまったときの対処法は?

では、実際に『秋の花粉症』になってしまった場合、
どうすればいいでしょうか?

一番手っ取り早い方法は、やっぱり病院に行くことです。

花粉症の時期が近づくと、
院内でも張り紙やホームページに案内が出ていたりします。

一般的な内科でOKなので、相談してみましょうね。

masuku

市販でも売っていますが、やっぱりちょっと高いです・・・。

ただ、なかなか病院に行く時間がない!
というときには使うと良いかもしれません。

うまく利用していきましょうね。

まとめ

いかがでしたか?

『秋の花粉症』は侮れません!
ブタクサのシルエットを見るとおそろしいです。

春の花粉症だと
「お、今年はなんか反応が低いな」という年、ありますよね?

ですが経験上、なぜか『秋の花粉症』ではそれがない気がします。

毎年、似たような症状を経験する、ということです。

おそらく個人差はあると思います。
体調だったり、環境だったり。

kafunsyou2

なので、毎年同じような症状が、同じような時期に出る、
という場合には、早めに手を打っておきましょう!

春の花粉症でもそうですが、
花粉症の薬って長く飲み続けることで効果が出ます。

もちろん、薬の強さによっても効き具合は変わると思いますが、
「効くまでちょっと時間がかかる」と思っていた方がいいです。

大体自分で反応し始める時期が近づいて来たら、
病院に行けば分かってくれるので早めに受診しちゃいましょう!

マスクの着用も早めにしておくと、
少しは症状が緩和出来るはずです。

目がかゆくても、鼻水がダラダラ出てきても、連続くしゃみでも、
どこか具合が悪いのはツライものです。

早めに対処をして、自分で出来る範囲の予防をして、
うまく『秋の花粉症』と付き合っていきましょう!

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ