妊娠初期の妊婦がインフルエンザの予防接種を受けてもいい?


いよいよ10月のスタートですね!

ところで、今日から変わるものが2つありますが、
あなたは知ってますか?

①電車での携帯マナー → 優先席付近では混雑時に電源を切る
(今までは混雑の有無に関わらず電源を切る、でした)
携帯技術の進歩で、ペースメーカーへの影響がかなり低下したからだそうです。

②インフルエンザ予防接種の値上げ → 4種の型に対応できるようになったため
(今までは3種の型だったが増えたため、その分の値上げ)

どちらもとても大切なことですよね。

インフルエンザ、今年はやや早めの流行が予想されるそうです。

しっかりと予防接種を受けておきたいところですが、
ここで1つの疑問が。

 妊娠初期でインフルエンザの予防接種って受けていいの? 

これ、女性で妊娠中の人ならかなり気になりますよね。

色んな事に気を配らなきゃいけない状況で、
一番とも言える心配事です。

今回は「インフルエンザ予防接種」が妊婦に与える影響や、
妊娠初期

での予防接種についてなど、ご紹介していきます。

スポンサードリンク


 

インフルエンザの予防接種が妊婦に与える影響は何?

これがたぶん、一番気になるところだと思います。
「インフルエンザ予防接種」が妊婦に与える影響についてです。

どんな影響があるのか知るのは大切なことですよね。

ただ、それを考える前に
「受けなかった場合の影響」も知る必要があります。

仮に「インフルエンザ予防接種」を受けなかった場合、
もしインフルエンザになってしまうと薬が使用できない可能性が高くなります。

さらには妊婦さん自身の免疫力・体力などが低下しているため、
重症化することも考えられます。

これを聞くと、「もしかして受けた方がいいの?」と思うと思います。

そうです、実は予防接種を進めるお医者さんが多く、
実際に受けている妊婦さんが多いんです。

ここで本題に戻りますが、
では「インフルエンザ予防接種」が妊婦に与える影響はどうなのか?

インフルエンザワクチンは死んだウィルスを元に作られているので、
妊婦や胎児への影響は極めて低いとされているんです。

だから、予防接種を進めているわけですね。

ただし!

「インフルエンザ予防接種」を受けたからといって、
絶対にインフルエンザにならないというわけではないです。

それでも受けないよりは、

インフルエンザの症状は抑えられるので、
打った方がいいということになりますね。

妊娠初期の妊婦がインフルエンザの予防接種を受けてもいい?

では、妊娠初期の妊婦が「インフルエンザ予防接種」を受けてもいいのか?
これについては調べれば調べるほど意見が分かれています。

昔は「○○週以降にするべき」など決まりがあったようですが、
今では「どの時期でも接種可能」となっています。

なので、基本的にはOKなんですが、それでも
「妊娠中期までは待つ」とか「外国では初期にはしない傾向にある」など、
色んな意見が出てきているのも確かです。

中でも「妊娠初期は自然流産を起こしやすい時期なので避けた方が良い」

という意見もあるようですが、これはインフルエンザ予防接種に関わらず、
“一般的に自然流産が起こりやすい時期”であるためのようです。

あとは病院によって、お医者さんによっても意見は分かれるそうです。
こうなるとどうしたらいいのか困っちゃいますよね。

なので、心配な人は予防接種を希望する病院に、
現在の週数でインフルエンザ予防接種を受けてもいいか確認してみましょう。

実際には前にもお話した通り、進めるお医者さんは多く、
妊娠初期の妊婦さんも受ける人が多いようですよ。

tyuusya

逆に、妊娠していると気づかずに予防接種を受けてしまった場合。

この場合にも、
赤ちゃんへの悪影響がある可能性は低いとされているようです。

妊娠を希望している、
予定している場合でも、受けた方が良いようですね。

妊娠前に「インフルエンザ予防接種」を受けておくことで
予め抗体を作っておけます。

そうすると予防にも繋がりますし、赤ちゃんにも抗体が出来るので、
予防接種可能な時期まで予防に繋がると言われています。

インフルエンザの予防接種の副作用はある?

気になることは他にもあります。それは「副作用」についてです。

通常、「インフルエンザ予防接種」を接種した場合でも、
多少なりとも反応はありますよね。

ちょっと腫れたり赤みが出たりかゆくなったり・・・。

それ以外の特別な副作用は、現在のところ報告されていないようです。

もし気になる場合は、お医者さんと相談してから
予防接種を受けるかどうか決めた方が良いと思いますよ。

もし、インフルエンザにかかってしまったらどうする?

では、もしインフルエンザにかかってしまった場合についてです。

インフルエンザは風邪と違って、

突然高熱が出たり、
倦怠感が出てくるのが特徴です。

いつもならば判断も出来ますが、
妊娠中ともなるとどうすればいいんでしょうか?

nayamu

まずは、すぐに病院に行きましょう。

この場合、産婦人科ではなく、一般病院です。
他の妊婦さんにうつしてしまったら大変ですからね!

そのときの状態によって、「タミフル」が処方されたり、
指示があるはずです。

ちなみに「タミフル」は今のところ赤ちゃんへの重大な副作用は
報告されていないようです。

安易に自己判断せず、「これはもしかしたら?」
と思ったら病院にかかることを優先しましょう。

あとは、インフルエンザにかからないためにも予防は必須です。

普通の風邪予防と同じですが、
「うがい」「手洗い」「マスク」は必須ですね。

他にも、

・大勢の人が集まる場所に必要時以外は行かない。
・室内の温度を保つ(18~20℃)
・室内の乾燥を防ぐ(40~70%)
・バランスのとれた食事をとる
・睡眠を十分にとる

これは本当に基本的なことです。

温度や乾燥などは、
どうしても電気代がかかってしまうため、節約傾向にあります。

ですがウィルスは低温かつ乾燥した空気を好むので、
この状態は避けたいですよね。

節約していても体調悪化して医療費でお金を使っていては元子もありません。

ここはケチらずに、
しっかりと適温などに設定してうまく利用していきましょう!

まとめ

いかがでしたか?
妊娠中は本当に気を配ることが多いですよね。

特に、妊娠初期の場合は気にかかることも多いです。

「インフルエンザ予防接種」については本当に意見が分かれています。
なので、もしかしたら「受けたくない」と思った人もいると思います。

もちろん、最初にお話した通り予防接種で全てを防げるわけではないので、
あくまでも予防法の1つであることには変わりありません。

もし受けたくないと思った人は、最後の方でお話した予防法を
毎日実践していくことが重要だと思います。

ただし、既に小さいお子さんがいる場合には外から
インフルエンザをもらってくる可能性が高くなります。

そうなると自分にうつる可能性も高くなるため、
そういう場合には予防接種を受けた方がいい、とも言われているようです。

なかなか自分では決められない!という場合もあると思うので、
そういうときはお医者さんに是非とも相談してみましょう!

不安なことが多い時期ですが、まずは1つ1つ、解決していきましょう!

妊娠中は免疫力低下・体力低下などで大変だと思いますが、
あまり深く考えすぎずにご家族と相談するのも大切ですね。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ