産後の抜け毛が止まらない!その原因と対処法は?


「みんな同じ悩みを持っているようです」

新しい家族を迎えるに当たって、
嬉しいはずなのに素直に喜べない悩みを持った人は少なくありません…

というか多いくらいなので、
もしも持っている人は安心していただきたいと思います。

特にその中でも、妊娠・出産約3ヶ月後までの間に“体重が戻らない”
に次いで抜け毛を気にする女性が非常に増えます。

たかが抜け毛とはいえ、人によっては薄毛にまで発展してしまいますから、
これはなかなか耐え難いといえるでしょう。

そこで今回は、産後における抜け毛原因と対策法そして、
いつまで続くのかについてお話していきたいと思います。

スポンサードリンク


 

産後の抜け毛の原因は女性ホルモンの乱れ?

産後の抜け毛の原因は

基本的にホルモンバランスの乱れが当てはまります。

女性の代表的なホルモンはエストロゲン
プロゲステロンの2つなのです。

これが妊娠中~出産後にかけて大きく増加と減少を繰り返します。

エストロゲンは卵胞ホルモンと呼ばれる働きをし、
プロゲステロンは黄体ホルモンと呼ばれる働きをします。

どちらも普段は交互に優位な立場としてその働きをしているのですが、
妊娠するとどちらも一気に増え、母胎を守ります。

また、女性はストレスや疲労にも左右されやすい身体をしており、
これによってもホルモンバランスを崩しやすいとされています。

マタニティブルーや産後うつなどに陥るのも、
こういったホルモンバランスの乱れが関係していたんですね。

その後、

出産が無事に終わると不要になった2つのホルモンが一気に減少。

その変化に身体がついていけず、
抜け毛や一気に痩せるなどの症状を表すのではないかといわれています。

akatyan

産後だけじゃない?抜け毛はずっと起きていた?

産後2~6ヶ月後の抜け毛が一番ピーク

だといわれています。

それ以前に早い方では妊娠中から起きている方も少なくありません。

早い人では妊娠初期段階の3ヶ月ほどから始まってしまい、
あまりに抜けすぎて剥げるのではないかと心配になってしまうといいます。

抜け毛で妊娠に気付きたくはないですね…。

妊娠中は過剰分泌された女性ホルモンによって
ヘアサイクルが大きく乱れるのだとか。

また、つわりや体重制限などで食事の嗜好変化や
偏食が目立つようになります。

身体にとってバランスの取れた食事は取りたいと
思っていてもなかなか難しいもの。

それも、原因の一つでしょう。

あまりに心配な場合には医師に相談してみるのもいいかもしれません。

産後の抜け毛が6ヵ月後までかかるといわれているのは、
赤ちゃんに母乳を与える目安だと思っていただければと思います。

早い子だと6ヶ月頃にはもう離乳食に移行して卒乳をしますし、
続けていたとしても最初の頃ほどの栄養はありません。

それに、母乳を与えていると身体は女性ホルモンが程よく出ており、
乱れも大分減ります。

早いうちにミルクに切り替えてしまったり、
お母さんの身体が元からか弱い場合、

産後抜け毛が起きるといっても過言ではないのかもしれません。

ninpu

起きる時期は人それぞれで、問題はその症状が突如起きるという事です。

そこで、産後の抜け毛対策として一番大事にしたい事。

それは、出産で一気になくなってしまった
髪の毛の寿命を延ばす作用があるといわれている

女性ホルモン《エストロゲン》の分泌を再び増やす事。

エストロゲンを食べ物で増やすには、

イソフラボンを多く含む大豆製品、
アミノ酸やミネラルを含むとろろ昆布、
そして黒酢や黒豆、黒糖といった黒いものがおすすめ

だとか。

また、

朝日を浴びる、寝る前のホットミルクやアロマなどでリラックスする事

もとても効果があるといわれています。

ちなみに、パートナーや子供とスキンシップを取ったり、
映画や風景を観てドキドキしたり、感動したり・・・

感情をドンと上昇させるのも女性ホルモンの分泌には効果があり、
より魅力的な女性になるといわれています。

産後のお母さんは疲れがとても溜まりやすいですから、
自然とストレスも溜まってしまいがち。

パートナーに子供を預けて1人でストレス発散する時間を作ってみたり、
子抜きでデートをしてみたりする。

なんてのも、抜け毛対策だけでなく、
女子力を上げるのにはいいかもしれないですね。

dokusyojyosi

まとめ

「ママが綺麗でいるにはパパの協力が不可欠です」

ここまでを読んでみると、やはり原因は妊娠中から産後にかけての
ストレス疲れによって起こるものだという事がわかると思います。

特に初産の場合は、初めてのつわり、胎動、そして出産と育児に、
お母さんは日夜ハラハラドキドキしっぱなし。

子供の事だけで手一杯になっています。

そんな時、頼りにしたいのはやはりパパですが、
残念ながらその期待に応えてくれるパパは少ないもの。

妊娠中に浮気をしてしまうという男性も少なくないようですが、
ママに女子力を求めたいというのならば
それなりの協力をして欲しいものですね。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ