顔がむくむのは病気のせい?


「顔がむくむ原因とは?」

夕方になると、「あ~…足がむくんで靴が履けない…」
なんて事がよくありますよね。

中でも困るのは朝に起きてしまう顔のむくみ。

あまりにひどいと顔にまで及んでしまって、
何か病気なのではないかと疑ってしまうのではないでしょうか?

そこで今回はむくみがなぜ起きるのかについて、
病気原因、それ以外の観点から調べていってみたいと思います。

病気以外にも、意外とその症状を表すことは多いもの。

きちんとその特徴を知って対処したいものですね。

スポンサードリンク


 

太ってるとは違う?顔のむくみ

顔は普段低いところに位置している足と違い、
身体の一番高いところにあります。

なので足に比べればむくみ頻度はだいぶ少ないはずです。

しかし、寝る時は身体が横になりますよね。

なので、水分が全身に行き渡り就寝中から朝方にかけて
むくみが起こるといわれています。

朝起きると顔がパンパンになっており、
人によっては腫れて顔が苦しく感じるなんて場合も少なくありません。

顔のむくみが起きる原因は、

顔の皮膚の下にある細胞間に
必要以上に水分が溜まってしまう事

にあります。

原因は人によって様々ですが、運動不足睡眠不足
偏食ストレスなどが主となり、
人によっては大きな病気を抱えている場合も少なくありません。

wasyoku

顔をむくませる病気とは?

顔をむくませる病気として一番有名なのは腎臓病かもしれません。

腎臓は老廃物を体外に出す為に大切な場所です。

しかし、腎臓の主要組織に当たるネフロンに異常が起こる事で
ネフローゼ症候群や、急性糸球体腎炎というものがあります。

これらは時たま高熱を起こしてしまう事もありますが、
安静にして塩分を控える食事をする事で治せる可能性が上がります。

しかし、これらを慢性化してしまうと尿淡白や血尿を伴う事があります。

糖尿病と併発して慢性腎不全糖尿病性腎腎症
といった病気を引き起こす事も少なくありません。

腎臓以外では、甲状腺ホルモンの分泌が低下してしまう甲状腺機能低下症

もしくは過剰に分泌されてしまう甲状腺機能亢進症と呼ばれる病気もあります。

この甲状腺異常は特に女性に多い病気で、
どちらも甲状腺ホルモンを調整する為の薬を定期的に投与する必要があります。

また、血管の病気として、頭や腕の静脈血を心臓に送る為の
上大静脈が圧迫されたり閉じてしまう事によって、
血管内に還流障害を起こしてしまう上大整脈症候群という病気があります。

頭や腕にむくみ症状があらわれる病気で、
肺がんが原因で起こるのではないかといわれています。

病気以外で顔がむくむ原因とは?

朝起きて顔がむくんでいても、日中仕事や家事などをしていれば
自然と解消するという場合には、特に問題はありません。

特に前日に飲み会があった、濃いラーメンを食べたといった事によるもので、

身体の中に就寝中排出されなかった水分や塩分が溜まってしまった


というのが一番の原因となります。

これらは、お酒を飲んだ事で血中アルコール濃度が上昇してしまった事により
血管が拡張。

その為、水分や塩分を処理する為に必要な静脈やリンパの働きが
追いつかない為ではないかといわれています。

また、これら以外にも日頃の疲労運動不足
ストレスなども関係していますから、
これらを溜め込まない事が一番の対処法といえるかもしれません。

病気以外の顔のむくみ解消をするには?

むくみが発生するのは、基本的に

身体が冷えやすい体質であったり、
便秘などにより老廃物を溜めみやすい身体

になっている事が原因になります。

そこで、病気以外の顔のむくみを解消するのには、
これらを解消するところから始まるといえるでしょう。

例えば、前日の疲れを持ち込まないためにも、

寝付く前にはきちんと身体をほぐしてリラックスした状態で眠る

ことが大切。

特にアルコールを飲みすぎた場合には、
どうしても必然的に喉が渇いて水分補給をしたいものです。

しかし、水分をあまりに摂りすぎると
顔のむくみを招く原因となります。

水を飲む際にはゆっくり少しずつ摂り、
アルコールと一緒に塩分を摂りすぎてしまうのも出来れば避けたい

ものですね。

出来れば摂るものもただの水ではなく、
利尿作用を促すお茶のほうがいいでしょう。

飲酒中はトイレに行きたくなるかと思いますが、

トイレも我慢せず出来るだけ行くよう心掛ける事


自然とむくみが解消されます。

翌朝も午前様にならない限りは早めに起き、

汗を軽く流す程度の運動もしくは入浴をする

だけでも
午後になる頃には治まってきます。

飲む習慣がない人にしても、
濃いラーメンを1滴たりとも残さないタイプの方は注意が必要です。

排出できる身体ならばいいですが、膀胱炎を持っているなど
腎臓に何らかの障害がある方は、

むくみだけでなく他にも何らかの症状を起こしてしまわないうちに
その習慣をなくしたいものですね。

osaketoyakitori

まとめ

「男性よりもむくみが女性に多い理由とは?」

女性は男性に比べて筋肉量が低く、
脂肪の量が多いためにむくみやすい体質だといわれています。

特に顔は皮膚が薄いので目立ちやすくなるといわれています。

また、月経前症候群(PMS)と呼ばれる症状を聞いた事があると思います。

これによっても約8割の女性が月経2週間前には
むくみや乳房の張りなどを感じるとの事。

女性は女性ホルモンによって体調が左右されやすい生き物ですから、
あまりに疲れが取りにくいとかの症状がある場合には、
婦人科に受診するのも1つの手。

日頃から体内の代謝を上げる事を大切にするとともに、
自身の身体からのSOSも汲み取る事も
大事であるといえるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ