傷跡を消す薬アットノンの効果とは?シミは消せるの?


今年の夏も暑かったですね~蚊にいっぱい刺されちゃった人も
中にはいると思います。

蚊にさされるとかゆいのはもちろん、かゆみがおさまって治っても、
刺された後だけ残ってたりしませんか?

または、この夏にちょっとはしゃいじゃって傷を作っちゃった!
なんて人もいるはず。

「こんな見えるところに傷跡が・・・どうにかしたい!」

という望みを叶えてくれるかもしれないがあります。
それが、『アットノン』です!

聞いたことがある人も中にはいると思いますが、
具体的にどういう効果があるんでしょうか?

今回は『アットノン』の効果などについてご紹介していきます!

   

スポンサードリンク

   

傷跡を消す薬アットノンとは?

『アットノン』、たまにテレビでCMとかしてますよね。
小林製薬の薬なんですが、見たことはありますか?

atutonon
出典:http://www.qlife.jp/meds/otc4987072082522.html

この『アットノン』、実は傷跡ややけどの跡を
消してくれる
又は目立たなくしてくれる薬なんです!

まさに傷跡消しの専用薬ですね!

ちょっとした傷はもちろん、
虫刺され跡や古い傷跡にまで効果があるとして、
かなりの大人気なんだそうです。

確かに、傷跡とかって古くなればなるほど色が目立ってきたりして、
どうにか消えないものかと思う時期がありますよね。

今までは諦めるしかなかったですが、
この『アットノン』を使えば傷跡が消えてなくなる日も夢じゃない!?

アットノンの効果

そんな『アットノン』ですが、
具体的にどういう効果があるんでしょうか?

実は使用用途はかなり広くて、
傷跡を消すためだけの薬じゃないんです。

以下に簡単にまとめてみました。

< 『アットノン』の効果 >

・虫刺され跡やけど跡、傷跡
・ひじ、膝、かかと、くるぶしのガサガサ
・手足のひびやあかぎれ
・小児の乾燥性皮膚
・打身、ねんざ後の腫れ
・筋肉痛、関節痛

など、予想以上に幅広く活躍してくれそうですね。

見て分かるように、皮膚に関するトラブルが多く、
「1本持ってればカバーできる!」という感じです。便利!

さらに具体的な効果について言いますと、「有効成分ヘパリン類似物質」
というものが大きな働きをもたらしてくれています。

主に、以下のような3点の特徴が挙げられます。

①水分保持作用

傷跡患部の水分を保持して、
表皮の角質の保湿性と柔軟性を取り戻してくれる。

②抗炎症作用

傷跡部分の真皮中で起きている慢性的炎症を鎮めて、
皮膚の正常機能を回復させる。

③血行促進作用

皮下組織中の血流循環を良くして、
皮膚の新陳代謝を促進してくれる。

なるほど、この3つのおかげで、
傷跡に効果的に作用してくれるんですね~。

②が入っているから筋肉痛や関節痛にも効果があるんですね!

アットノンの使用方法

では、実際にアットノンを使おう~と思ったときに、
どうするのか?

『アットノン』には「クリームタイプ」「ジェルタイプ」の2種類があって、
これらを使い分けていくと、より効果が期待できるそうです。

ジェルタイプ・・・伸びがよく、ササッと塗れて目立たない。
日常使いにおすすめ!

クリームタイプ・・・塗るとちょっと白っぽく見えるため、
就寝前に塗って使うのがおすすめ!

②の場合、特にガーゼとサージカルテープとの併用でさらに効果UP!
・・・らしいです。

・就寝前に、アットノン・ガーゼ・サージカルテープを用意する。
・ガーゼにアットノンをいつもより少し多めに塗り、傷跡に貼る。
・貼ったガーゼをサージカルテープで固定して、就寝。

いわゆる、“集中ケア”というやつです。

たっぷり塗るよりは、
しっかり傷跡に塗ってあげるという意識であればいいと思います。

そこらへんは

用法容量を守って使った方がいいですね。

そして使うならば、半年くらいは使い続けましょう!

傷跡消しの専用薬だからといって、
早々に結果が出るわけじゃありません。

大体、半年したくらいで「なんか消えた気がする!」
という人が多い様子。

傷跡の大きさや度合いにもよるし、
個人差もあるので一概には言えません。

しかし、「すぐに消える!」と思うよりも、
「長い時間がかかる」と思っていた方が良いです。

気長に使い続けましょう!

アットノンでシミは消せる?

さて、『アットノン』が傷跡消しに効果的であることは分かりましたよね。

傷跡以外にも効果があるかも!?ということで注目されているのが、
「シミ消し」効果についてです。

kangaeru

正直、『アットノン』の公式サイトでは

顔への使用は薦めておらず、
もちろん「シミに効果がある」なんていう成分も入っていません。

ですが、実際に顔にあるシミに薄く塗り続けて消えてきた!

という人がいるのも確かなようですが、
本当のところは効果があるのか不明です。

顔への使用はあまりおすすめできないので完全に
「自己責任」ということになります。

本来の用途である傷跡消しとして、『アットノン』は使っていった方が
いいのではないかな~と思います。

まとめ

いかがでしたか?

『アットノン』、存在自体は知っていましたが
ちゃんとした効果が見込めそうですね。

名前からしてインパクト大ですが、
とっても分かりやすく覚えやすいですよね。

たぶん、「アットノン → 跡 NON(NO)」
ってことなんでしょうか・・・。

意味もそのままなので何の薬か分かりやすいですよね!

私も小さいころにつけた傷跡が腕にあります。

もはや何で傷を負ったのかさえも覚えていませんが、こんな古傷跡にも
効果があるようですごいの一言に尽きます。

ここで1つ注意を。

あくまでも「傷跡」に使うものなので、まだ傷がふさがってないうちから
使うようなことはしないでくださいね!

効果でお話しましたが、「血行促進作用」で血流が良くなってしまうので、
血が止まらなくなってしまうことになりかねません・・・。

傷跡になるまえに塗りたいのは分かりますが、
あくまでも「傷跡」に!

ちゃんとふさがってから塗れば、消えるのも早くなるそうです。

ちょっと値段は高めですが、気になる傷跡などがある人は、
是非この『アットノン』を使ってみましょう!

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ