可愛い簡単なハロウィンメイクの方法!人気のメイク2選!


明日から早いもので9月です!

ここ最近は気温もそんなに上がらず、
なんだか既に秋の気配を感じますねぇ。

秋、と言えば近年、日本でもなじみ深くなってきた
『ハロウィン』がありますね!

harouinmeiku
出典:http://sarahmeredithcrafts.blogspot.jp/search?updated-max=2012-10-24T19:31:00-07:00&max-results=7&start=7&by-date=false

10月31日はハロウィンの日です。

今では色んなところでハロウィン仕様の飾りや商品が並んでいますが、
どうせなら自分でも何かハロウィンっぽいことをしたい!

ということで今回は、『ハロウィンメイク』をご紹介します!

可愛いハロウィンメイクが意外と簡単に出来ちゃいますよ!

スポンサードリンク


 

女性用の簡単で可愛いハロウィンメイク!

女性ならばメイクのやり方は大方分かっている人も多いはず。

ある程度揃っている人なら、今すぐにでも出来てしまう!

そんなメイク方法です。

「ある程度」と言いましたが、アイシャドウアイラインなど、
決まった色しか使わない人でも問題ないと思います。

それプラス、
ちょっとハロウィンっぽい口紅(ダーク色やあえて真っ赤など)
買い足すくらいでもOKです!

高価なものでなければコストも抑えることが出来ます。

では、早速いくつか
『ハロウィンメイク』についてご紹介していきますね!

< 可愛いハロウィンメイクをしたい! ~魔女編~ >

ハロウィンと言えばやっぱり「魔女」!

一番想像しやすいのか、メイクしやすいのか、
人気がありますよね。

この魔女メイクでポイントとなるのが、
「アイメイク」「リップ」です。

どのメイクにおいても「アイメイク」が変わるだけで、
ガラリと印象そのものが変わりますよね。

魔女メイクの場合は、ちょっとキツめな感じにすると、
より魔女っぽさが出て、妖艶な雰囲気が醸し出せます。

逆にキツめにしないようにすれば、
柔らかい印象の魔女メイクに。

「新米魔女」のような雰囲気も出せるのではないかと思います。

具体的にやり方を見ていきましょう!

=用意するもの=

・メンディングテープ・・・アイメイクに仕様。乳白色のテープ。
(肌が弱い人は、肌色のテープで代用可)

・アイシャドウ・・・ブラック、パープルが望ましい。
(仮装の色との兼ね合いで変更可)

・アイペンシル・・・ブラック推奨。

・リキッドアイライナー・・・ブラック推奨。

・パープルラメ・・・アイシャドウの色と併せる。
(なければないでも問題なし)

・つけまつ毛・・・まつ毛にボリュームを出したい人は用意。

・マスカラ

・リップ・・・アイシャドウとの兼ね合いで色を決める。

=メイク方法=

①まずはいつも通りの下地、ベース作りをする。
その後、目尻から眉尻に向かってメンディングテープを貼る。

②カラーアイシャドウをアイホール全体に塗る。(気持ち幅広で)
このもちろんテープにも色がかかるけど、気にしないでOK!

③塗ったカラーアイシャドウの上(肌との切り替え部分)に、
ブラックアイシャドウを太めに塗り、ブラシでぼかす。

④ここで①で貼ったメンディングテープをはがす。
(すると綺麗に「線」が現れるので、あとでアイライナーを引いていく)

⑤アイペンシルで目の縁取りをする。(目の上下のキワにラインを引いていく)

⑥リキッドアイライナーで、④で話した「線」に沿って引いていく。
カラーアイシャドウからブラックアイシャドウと続いているので、
その先端上部まで線を引いていく。

⑦アイペンシルで下まぶた全体をぼかしていく。(あまり太くなりすぎないように)

⑧ビューラーでまつ毛を上げる。(ここでつけまつ毛付ける人は付ける)

⑨たっぷりマスカラを塗る。(つけまつ毛を付けない人は、よりたっぷり!)

⑩仕上げにリップを塗れば完成!

難しいのはやっぱり「リキッドアイライナー」の部分だと思います。

普段のメイクではそこまで長い線を描くことはないので、
当日までに練習しておくといいかなと思います!

あとは最初に話した通り、アイシャドウとリップの色によって
印象がかなり変わるので、何色にするか?
というのがポイントにもなってきます。

あえてあんまり濃くない色にして、
目の下にラインストーンを散らしても可愛いかなぁと思います。

自分に合う色というのもあるので、
何度か練習して見つけていきたいですね!

< 可愛いハロウィンメイクをしたい! ~猫編~ >

続いてご紹介するのは、「猫メイク」です!
これも女性には大人気ですよね~!

仮装に併せて「黒猫」になりきるというのがおすすめ。
かな~り可愛いです!

=用意するもの=

・ブラックジェルアイライナー

・リキッドアイライナー

・ホワイトアイライナー

・アイシャドウ・・・ブラック推奨。(ブラウンでも可)

・つけまつ毛・・・まつ毛にボリュームを出したい人は用意。

・マスカラ

・リップ・・・ダーク系または赤系

=メイク方法=

①ブラックジェルアイライナーで上まぶたのキワに線を引いていき、
さらにまつ毛の根元の隙間を埋めるように塗っていく。

②リキッドアイライナーでポイントとなる猫目の形を描く。
(このとき、目尻から出る線は大胆に長く!)
徐々に太くしていくのが描くコツ。

③続いて、猫目ポイントでもある「目頭」を強調する。
(ちょっとだけ鼻寄りに描くだけで猫っぽくなる)

④ホワイトアイライナーで下まつ毛のキワに線を引いたあと、
ブラックジェルアイライナーで下まぶたにアイラインを引いていく。

⑤上の③で描いた「目頭」をリキッドアイライナーで塗る。
このとき、④で引いた下まぶたのアイラインと延長線で交わらせる。

⑥さらに上で引いた下まぶたのアイラインのすぐ下に、
ホワイトアイライナーをやや幅広でのせ、指でぼかしていく。

⑦太めのアイシャドウブラシで、アイシャドウをアイホールに塗る。
このときしっかりぼかしていく。

⑧ビューラーでまつ毛を上げたら、マスカラをたっぷりつける。
(ここでつけまつ毛を付ける人は付ける)

⑨あとはハイライトやシェーディングをいつものようにする。

⑩鼻の先端部分に、猫の鼻のようにブラックジェルアイライナーで描き、
仕上げにリップを塗れば完成!

動画だと眉毛をコンシーラーで薄くしたり、
猫ひげや跡などをやってますが
かなり本格的な「猫」になるのであえて書いてません。

「本気仮装」したい人は、ぜひ挑戦しましょう!

ポイントはやっぱり「アイメイク」です。

あとは何気に

「猫鼻」も猫っぽさを出す上では重要なので、
描いた方がいいですね!

ここでも少し柔らかい印象にしたいなら、
あんまりアイラインなどを濃く太くしないようにすると変わりますね。

これで「黒猫」の衣装を着れば、もう完璧ですね!

まとめ

いかがでしたか?
『ハロウィンメイク』をする上で重要なのは「アイメイク」!

いつもとは全く印象の違うメイクをすることで、
より非日常的な仮装パーティーが楽しめますね!

どちらも基本的な描き方で初心者にも
簡単に出来るのが嬉しいところです。

もしかしたら何度か練習していくうちに、
自分流のやり方がうまれるかも?

何パターンか試してみるといいかもしれませんね。

上の方では触れませんでしたが、
普段あんまりメイクをしない人からすると、
正直、メイク道具が揃ってない!

足りない!という人も多いはず。

私も普段からあんまりメイクをしない方なので
・・・ちょっと困る。

そんな人におすすめしたいのが、「100均コスメ」です!

イメージ的にどうしても使おうというところにまで
気持ちが行かないのですが、
口コミや評判などを調べてみると結構イイらしい!

物によるみたいですが、メイクをする上で必要なものは揃うので、
『ハロウィンメイク』をするにあたり利用してみるのも手かなと思います。

肌に合う合わないもあるので、まずは1つ、買ってみましょう!

メイク道具であるブラシなども売っているので、
いくつかもっておくと便利ですね。

あなたに合った『ハロウィンメイク』で、
ハロウィン当日を心行くまで楽しみましょう!

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ