ハロウィンの子供用手作り衣装!簡単な作り方はこれ!


8月もあと残りわずか!もうすぐ9月ですね~。

小さなお子さんのいるおうちでは、
そろそろハロウィンの話も出てるのでは?

なんだかんだであっという間に9月は過ぎていきます。

今ではすっかり浸透しつつある『ハロウィン』

場所によっては幼稚園のイベントで
手作り衣装を持参しなくてはならないことも。

普段作り慣れていないとかなりハードルの高いイメージですが、
実は簡単に作れてしまうんです!しかもミシン不要!!

今回はそんな『ハロウィン』にもってこいの子供手作り衣装の作り方を
男女別にご紹介していこうと思います!

スポンサードリンク


 

ハロウィンの子供用手作り衣装の作り方!ミシン不要で簡単!

さて、まずは『ハロウィン』というと何を思い浮かべますか?

カボチャドラキュラ魔女ミイラなどでしょうか。

この中で『ハロウィン』衣装で人気なのが、
「ドラキュラ」と「魔女」です。

イメージしやすいことと、
『ハロウィン』の象徴的なものですもんね。

是非ともこれらを作りたい!

harouinisyoukodomo

だけど、なんだか難しそう・・・。(心折れそう)
と思ったあなた!大丈夫です。

短い時間で材料さえあればすぐにでも作れちゃいます!
主にポイントは「マント」です!

今回は男の子は「ドラキュラ」、
女の子は「魔女」をご紹介していきますね!

< ハロウィン子供用衣装 ~ドラキュラ編~ >

=用意するもの=

(手作り!ドラキュラマント)

  • 黒サテン布(子供のサイズに合わせて)
  • ひも(色はドラキュラっぽいもので)
  • チャコペン(線引き用)
  • 裁ちハサミ
  • (ドラキュラ服) ※既製品メイン。

  • 手作りドラキュラマント
  • 黒いズボン
  • 黒いベスト(あった方がドラキュラっぽい)
  • 白いシャツ または 襟付きのポロシャツ
  • 黒い靴(出来れば運動靴以外)
  • =作り方=

    ①黒サテン布の大きさは、縦(肩から膝×2の長さ)、
    横(肩幅)で用意する。

    裏面にして「肩から膝」の長さのところに中心線を引く。
    (「わ」になる部分)

    ②「わ」の中心線を引いたら、
    そこから左右に各5~10cmくらいのところに更に線を引く。
    (中心線を真ん中に、左右2本、計3本の線が中央にある感じ)

    ③「わ」から2つ折りにして、②で引いた線に8か所程、穴を開ける。
    (ひもを通すための穴なので、ひもの太さにあった大きさにする)

    ④開けた穴に、ジグザグに順にひもを通していく。

    ⑤襟付きの「ドラキュラマント」の完成!

    う~ん、すごくいい!かっこいいドラキュラの完成ですね!

    お子さんの身長などに合わせて作れるので、
    学年が上がっても十分活用可能!

    isyoudorakyura

    「わ」の中心線から左右にとる幅をなくせば、
    襟なしのマントにもなるので、
    他の衣装にも使えるタイプとして作ることも可能です。

    本格的にやらなきゃ!と思うと難しいですが、
    意外と簡単に出来るものですね!

    < ハロウィン子供用衣装 ~魔女編~ >

    =用意するもの=

    (魔女マント)

  • 黒サテン布(サイズは後ほど)
  • オレンジ または 緑のサテン布
  • ひも(上記色布と同じ色)
  • チャコペン(線引き用)
  • 糸(上記色布と同じ色)
  • 裁ちハサミ
  • (魔女服)  ※既製品メイン。

  • 手作り魔女マント
  • 黒ワンピース
  • 黒タイツ または 黒トレンカ
  • 黒エナメル靴
  • =作り方=

    >①黒サテン布の大きさは、マントを羽織った場合、
    首回り(襟部分)があった方がいいので、
    イメージ的には布を「凸」のような形に切る。
    (凸部分は「首回り」、高さは5~8cmくらい)

    オレンジ布(または緑布)も、
    「凸」の襟部分に重ねるため、サイズは同じように切る。

    マントの裾部分は丸みがあった方が可愛いので、
    緩やかな丸みを出す感じで切る。

    ②黒サテン布(裏側)に、①で切ったオレンジ布(表側)
    を手縫いで縫い付ける。

    ③「凸」の突起部分と下の境に、
    ハサミで8か所程穴を開ける。(ひも通す用)
    (このとき②のオレンジ布と黒サテン布が重なっている状態)

    ④開けた穴にひもを通す。

    ⑤襟付き魔女マントの完成!

    可愛らしい新米魔女の誕生です!
    「黒いワンピース」というところに新米魔女っぽさを感じますね~。

    isyoumajyo

    全身黒に映えるオレンジ布!いいですね!
    『ハロウィン』らしさが出る衣装となっています。

    個人的には緑布でもイイ!ので、是非作ってみてくださいね!

    まとめ

    いかがでしたか?
    『ハロウィン』は本当にここ近年でかなり浸透してきましたよね。

    しかも、子供だけじゃなくて大人も衣装作ったり着たり、
    ちゃんとメイクしたりして結構力を入れているのがすごい!

    そういえば、昔子ども会で親子ペアルックで
    緑魔女スタイルのおうちがありました。

    『ハロウィン』イベントなんて昔じゃ珍しいですが、
    かなりの完成度だったので
    なぜか記憶に残っています。

    今日ご紹介した手作り衣装は、
    縫う場所もほとんどなく、あっても手縫いOK!

    これはかなり嬉しい・・・なんせ、
    私がミシン苦手なんです。(糸がすぐ絡まる)

    手縫い派だっていいんです!

    あとは『ハロウィン』当日に100均の
    カボチャポットなんか持ったらもう完璧です。

    今年の『ハロウィン』は、ちょっとした手作り衣装で
    お子さんを大いに喜ばせましょう!

    スポンサードリンク

     
      関連コンテンツ  

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ