大阪天神祭2015の日程と見どころ、奉納花火の穴場はどこ?


夏になると、各地で花火大会のイベントがたくさんありますね。

大阪の夏の風物詩といえば、「天神祭」です。

oosakatennjinnmaturi

天神祭のメインを奉納花火が飾ります。

約4000発の花火を毎年約130万人で賑わいます。

ぜひ一度は見ておきたい、大阪天神祭の奉納花火
2015年の日程と見どころ、そして、
穴場スポットを調べてみました。

スポンサードリンク


 

大阪天神祭とは

大阪天神祭は、東京の神田祭、京都の祇園祭と並ぶ
日本三大祭りの一つです。

祭神である藤原道真の命日にちなんで、
大阪天満宮で開催されるお祭りです。

毎年約130万人の来場者があります。

毎年7月24日・25日に行われます。

陸渡御・船渡御・奉納花火大会が有名です。

大川の約100せきの大船団のかがり火と
夜空にあがる花火の織りなす光景がとても幻想的です。

前日の23日には、ギャル神輿もあります。
11:50に天神橋筋4丁目付近からスタートします。

omikoshi

2015年大阪天神祭の日程と見どころ

大阪天神祭の日程は、
毎年7月24日と25日と決まっています。

宵宮 2015年7月24日(金)
本宮 2015年7月25日(土)

今年は、本宮が土曜日になるので、
いつもより、人出が多いかもしれません。

7月24日{宵宮}の主な行事

4:00 一番太鼓
7:45 宵宮際
8:30 鉾流行列参進
8:50 鉾流神事
11:00 行宮祭
12:00 天神講獅子・獅子舞
16:00 催太鼓氏地巡行
16:30 どんどこ船宮入・鉾流神鉾奉還
18:00 水上薪能・タイ国イクラトン祭
18:40 催太鼓宮入
19:00 獅子舞宮入


 

24日の見どころは、「鉾流神事」

です。

●鉾流神事

堂島川に船を出し、船の上から神鉾を流し、
天神祭の無事と安全を祈願する

7月25日{本宮}の主な行事

13:00 本宮祭
14:30 神霊移御
15:30 陸渡御列出発
17:30 船渡御列出船
18:00 船渡御・タイ国イクラトン祭
19:00 船上祭
19:00 奉納花火
20:30 催太鼓の宮入開始
22:30 還御祭


 

25日の見どころは、「陸渡御」「船渡御」「奉納花火」

です。

●陸渡御
15:30頃大阪天満宮から、氏子たちを中心に3000人が、
時代絵巻を見ているような衣装を身にまとい、
乗船場まで3Kmの道のりを進みます。

●船渡御
100隻の船が大川を水上パレードします。
神輿を乗せた奉安船や催太鼓船、協賛団体の船、
落語船、市民船などです。

定位置に留まり、神楽や能を奉納する船や、
自由に行き来する船もいます。

●奉納花火

開催時間 :19:00~21:00の予定
開催場所 :川崎公園と桜ノ宮公園
打ち上げ数:約4000発

オリジナルの「紅梅花火」「文字仕掛け花火」など、
天神祭でしか、見られない花火が上がります。

個人でも5000円で、奉納花火を打ち上げられ、
大阪天満宮の境内に名前をあげてもらえます。

また、記念品として花火玉のプレゼントがありますので、
せっかくですので、記念にいかがでしょうか?

雨天でも決行です。
荒天の場合は中止ですが、順延はありません。

大阪天神祭奉納花火の穴場スポットはどこ?

奉納花火を見るスポットには、東エリア(桜ノ宮公園)
西エリア(OAP付近)があります。

東エリアは屋台も多く、身動きできないくらい人が集まります。
西エリアは迫力ある音と光が楽しめます。

◆定番のスポット

①桜ノ宮公園
中でも、東側がベストスポットのようです。

大変混むので、16時前くらいから、陣とっておきましょう。
船渡御も花火もバッチリ堪能できるかも!?

②桜ノ宮橋
2か所の打ち上げ花火が見れますが、
大変混みます。

③OAPタワー付近
打ち上げ場所が近く迫力満点です。

比較的混雑が予想されるので、
早めに行くことをおすすめします。

船渡御も花火もバッチリ堪能できます。

④源八橋
そこそこ混雑しますが、会場近くで楽しめます。

◆穴場スポット

①都島橋
少し離れますが、ライトアップされた大阪城と
一緒に楽しめます。

②川崎橋
自転車・歩行者専用の橋で、ゆったりと観覧できます。

③藤田邸跡公園前周辺
2か所の打ち上げ花火を同時に楽しめます。
最寄り駅が大阪城北詰駅のため、桜ノ宮ほどは混みません。

④桜ノ宮神社
桜ノ宮公園の裏側にあり、意外と盲点です。

桜ノ宮公園より南はビルや人が邪魔で
見えにくいので、気を付けましょう。

◆有料スポット

花火会場の近くのホテルやレストランから
食事をしながら、花火が楽しめます。

①帝国ホテル
②梅田「阪急32番街」レストラン
③ホテルモントレ ラ・スール大阪
④ウェスティンホテル

 

事前にお店に確認しておきましょう。

まとめ

船渡御の船が灯す、かがり火と花火。

それらを映す水面のゆらめきは、天神祭ならではです。

混雑を味わいながら、迫力のある花火を見るか?

少し遠くからでも、人混みを避けて花火を見るか?

少しリッチにホテルで食事をしながら花火を見るか?

楽しみ方はそれぞれです。

早くから計画を立てて、大阪の夏の風物詩、
天神祭を満喫しましょう。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ