人食いバクテリアに感染した時の症状とは?原因や予防法は?


昨年あたりからでしょうか、
テレビなどで『人食いバクテリア』という
言葉をよく耳にするようになりましたよね。

名前からして恐ろしさ以外の何もありませんが、
具体的にはどういうことなんでしょうか?

何かの病気、ということは既に知っている人も多いはず。

ですが具体的なことまでは
イマイチよく知らない人も多いはずです。

今回はそんな『人食いバクテリア』について、
感染時の症状原因
予防法などについてご紹介していきます。

スポンサードリンク


 

人食いバクテリアとは?

そもそも、『人食いバクテリア』って何でしょうか?

なぜこんなにも恐ろしい名前がついているのか、
その理由も併せて以下にまとめてみました。

uirusu

『人食いバクテリア』

正式名称は「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」。

主に“A群溶血性レンサ球菌”の感染によって引き起こされる。

手足の筋肉が急激に壊死し、
多臓器不全などに陥る可能性がある。

感染から早くて1~2時間で死に至ることもあるため、
致死率は30~60%と言われている。

これが皮膚や筋肉で感染すると
細胞が死んでしまい真っ黒に変色する。

“まるでバクテリアに食べられたかのようだ”
ということで『人食いバクテリア』と名づけられたらしい。
(海外では「flesh eating(生身を喰らう)」と呼ばれている)

なるほど、やっぱりとても恐ろしいものでした・・・。

死に至るまでの時間が短いこと、
致死率が高いことが特徴かもしれませんね。

そんな『人食いバクテリア』ですが、
上記で挙げた“A群溶血性レンサ球菌”は
実はとても身近で、私やあなたの身の回りにいる一般的な菌なんです。

「いつの間にかこの菌に感染していた!(そして勝手に治ってた!)」

というケースも珍しくないそうです。なんだか不思議ですよね。

“皮膚の常在菌”と言われる仲間でもあり、
通常、特に病気を引き起こすことなく
人間の皮膚に住み着いている菌なのだそう。

「ん?じゃあ、なんで『人食いバクテリア』
なんていう危険なものに???」

と思いますよね。
普段は重症化しないはずの“A群溶血性レンサ球菌”。

実は、何がきっかけで重症化してしまうのかが
はっきり分かっていないんです。

だからこそ、恐れられる感染症なのかもしれませんね。

人食いバクテリアに感染した時の症状は?

『人食いバクテリア』がどういうものなのかは、
なんとなく分かったと思います。

では、もし感染した場合、どういう症状が出るんでしょうか?

<主な症状>

・発熱   ・喉の痛み   ・嘔吐   ・下痢

血尿   ・意識が朦朧とする  ・手足の腫れや痛み

このように言われています。

これはパッと見、上記4つは風邪の症状と似ていますよね?

そのため「風邪っぽいから病院行かなくても寝てれば治るでしょ」
と勘違いしてしまい、
重症化してしまうというケースも。

逆に上記の下段3つ、特に「手足の腫れや痛み」
は特徴的とも言えます。

風邪だったら、こんな症状出ないですからね。

強い痛みと共に、赤く熱を持ち始め、
水ぶくれが出来てから皮膚が壊死し始めます。

なかなか症状の見分け方が難しいですが、
38℃を超える高熱を出した場合は一度、
病院で見てもらうといいかもしれません。

人食いバクテリアの感染経路や原因は?

では、『人食いバクテリア』には
どのように感染するのでしょうか?

一番多く言われているのが、
皮膚に出来た傷」からの感染です。

ひっかいたり、何か物が刺さったり、
虫に刺された場合も該当します。

ポイントとしては“免疫力が低下している”ということです。

免疫力が低いと感染を引き起こしやすくなるためですね。

ただし、傷がないから大丈夫!とも実は言えないんです。

皮膚表面の傷だけでなく、青あざや捻挫などの外傷でなくとも
発症することが報告されているそうなんです。

やっぱり、免疫力の低下によるものなのか?とも思えてきますが、
一概にそうとも言えないそうで、まだまだ謎が多い感染症です。

人食いバクテリアの予防法は?

それでは、『人食いバクテリア』を予防する
何か良い方法はあるのでしょうか?

正直、原因がはっきりしていない部分もあるので、
明確な「これっ!」という予防法は実はありません。

ただし、いくつか実践・注意すべき点はあります。

・傷などの患部を綺麗に洗い流してあげる
・傷があるうちはプールや温泉、海には入らない
・傷に触れる可能性がある手足は清潔にしておく

「菌を洗い流す」という意味では、「うがい・手洗い」は必須です。

これプラス、「マスクの着用」もしておくとさらにGOODですね。

ちなみに「手洗い」は、ちゃんと細かいところまでしていますか?

洗えているようで洗えていないもので、
手の甲や指の間、手首など、
とても見落とされがちな要洗浄ポイントです。

しっかりと「手洗い」する習慣を身に着けておくと良いですね!

tearai

人食いバクテリアの治療法

さて、ここまでくると当然気になるのが
『人食いバクテリア』の治療法です。

これに関しては、
病院側も“治療は時間との勝負”と言っているます。

ですので、初期段階で気づく、
または病院に行くことが最大の治療法に繋がります。

上の方でお話しましたが、

・高熱が出る  ・強いだるさがある  ・患部が異常に痛い

など、「いつもと違うかも」と思った時点で
すぐ病院に行きましょう!

ただの風邪だったなら、それはそれで良いんです!

まず何よりも大切なのは、医療機関を受診することにあります。

byouin

悲しいことに、重症化してしまった場合は手足の切断と言う方法を
取らざるを得なくなってしまうそうです・・・。

菌の増殖を防ぐため、
壊死してしまった部分を取り除く必要があるためです。

薬だけで治したい!と誰しもが思うものですが、
その場合、菌が全身に広がり、
手遅れになってしまい命を落とす・・・

なんてことにもなりかねません。

なので、少しでも症状が当てはまると思った人は、
すぐに病院へ行きましょう!

まとめ

いかがでしたか?

名前を聞いただけで何やら他にはない異様さを感じていましたが、
とても恐ろしい感染症のようですね。

日本でも徐々に広がりを見せ、
意外にも東京が多いそうなんです。

「うちの県にはいないのか!」
というわけではないので誤解しないように!

なにはともあれ、
まだ詳しいことが分かっていない部分も多く、
謎に満ちた『人食いバクテリア』です。

まずは日頃から出来ることをしていきましょう!

「うがい・手洗い」はほとんどの人が
毎日しているはずです。

一人暮らしだと結構ズボラになっている人もいると思うので、
ここらへんでちょっと見直してみましょう。

習慣化すれば、なんてことはないですからね!

あとは

しっかりと寝て、
免疫力や体力回復に努めましょう!

風邪予防にも繋がりますね。

『人食いバクテリア』はこわいものですが、
出来ることからしっかりと行い、
日々を大切に過ごしていきましょう。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ