夏山登山初心者の服装と装備品


初夏の山開きが終わると、
本格的な夏山登山のシーズンがやって来ます。

このごろは、中高年の登山者に加えて、
山ガールと呼ばれる、若い女の子が、増えてきました。

yamaba-ru

そこで、今年から、「わたしも」と思ってる、
山登り初心者の人に、

夏山登山服装装備品について、
調べてみました。

スポンサードリンク


 

夏山登山初心者の服装は?

登山の服装も今は、ファッショナブルになっています。

また、登る山や時期、ハイキング、トレッキング、登山によって、
少し違いますが、基本のベースはそんなに、かわりません。

今回は、初心者なので、基本的な服装にします。

登山の服装の基本は重ね着です。

登山を始めると汗をかき、途中で休憩すると、汗が冷えてきます。
そこで、温度調節が出来るように重ね着をします。

なんでもたくさん着ればいいというものでもありません。

重ね着は、3つのレイヤーが基本です。

ベースレイヤー

肌着、アンダーウェアーのことです。
まず素材は乾きやすい化繊素材
綿は避けるほうが良いでしょう。

ミッドレイヤー

中間着のことです。

保温力の高いフリースかインナーダウンが定番です。
また通気性の良いシャツやジップシャツや化繊ジャケット
雨と風から身を守ってくれるソフトシェル
なども適しています。

何度も着たり脱いだりすることを考えて、
軽量でコンパクトにたためるものや、
ボタンやジッパー等で体温調節しやすいもの
を選びましょう。

アウター

外着でレインウェアーを代用しましょう。
レインウェアーでは暑いという人は、
ウインドブレーカーを用意するのもおすすめです。

下半身も3つのレイヤーが基本です。

タイツ・ズボン・雨具

ズボンは、
速乾性のある化繊素材を使用した、
伸縮性のある丈夫な長ズボン。

ハーフパンツを履くときは、
下にトレッキングタイツを履きましょう。

ジーパンはやめておいたほうが良いでしょう。

最後に色ですが、少しカラフルな色のほうが、
道に迷ったときや、霧の中でも発見されやすいです。

靴選び

アスファルトで舗装されている・勾配が少ない等の登山道は、
スニーカーやウォーキングシューズで大丈夫です。

初心者の人は、始めから、高い山に登らないでしょうから、
始めは、スニーカーで、何回も登るうちに
登山靴(トレッキングシューズ)に換えてみてはいかがでしょう。

tozanngutu

登山靴の特徴は、

作りがしっかりしていて、足の保護性能が高い
靴底が厚くて硬く、きざみが深く大きい
防水性が高い

などが挙げられます。

登山靴も3種類あります。

靴の高さによってローカット・ミドルカット・ハイカットとなります。

一般的にはミドルカットか、ハイカットがおすすめです。
足首を左右に固定し、捻挫防止になります。

ローカットだと小石が靴の中にはいりやすいです。

サイズの合わせかたは、厚めの靴下を履くので、
靴のつま先に足を付けた状態で、かかとの後ろに
指が1本くらい

入る大きさ(普段履いている靴のプラス1cm)
がベスト!!

購入前は、必ず試し履き(できれば20~30分)をしましょう。
インソールを入れて試し履きをするのが良いでしょう。

その他装備するもの

帽子・・・ひもがついているもの・つばがあるもの
靴下・・・厚手のもの
手袋・・・手の保護のため・保温性のあるもの・
     滑り止めのついているのも

以上のものを、身に付けていくとよいでしょう。

夏山登山初心者の装備品

夏山登山に必ず持って行きたいもの

ザック

始めての人なら、20リットルまでのもので十分です。

背面の通気性に優れ、肩にかかる部分がしっかりしているもの。
ウエストにベルトが付いているもの。

体にフィットするもの。

色は蛍光色やカラフルなもの。

カバーがあると雨が降ってきてもあんしんです。
無くても、中のものを、ビニール袋に入れて、ザックに入れておけばOK

雨具

晴れていても必ず持って行きましょう。

ゴアテックス(防水透湿素材)がおすすめです。

100均やコンビニのビニール合羽やポンチョはNG

またスパッツという、靴の周りから水の浸入を防ぐ雨具もあると便利です。

地図

山岳地図が良いでしょう。

高原地図でもたいていは載っています。

コンパスとセットで、持って行きましょう。

食糧

塩分補給のできるキャンディー、一口ようかん、 SOYJOY、
コンビニのおにぎり、ドリンクゼリー、カロリーメイトなど
携帯に便利で、直ぐに食べられるもの。

その他

タオル・水筒・ビニール袋・ヘッドライト・ティッシュ・着替え・財布・ストック・サングラス・救急用品・時計・日焼け止め・保険証のコピー・携帯電話

以上、行く度に持っていくものは変わると思いますが、
その時々」に要る物を、最低限持っていきましょう。

まとめ

これで、夏山登山に行く準備が、出来ました。

後は、誰と、どこの山に行くかを決めれば、
出発できます。

1回といわず、いろんな山に挑戦してみては、
いかがでしょうか?

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ