岸和田だんじり祭り2015の桟敷観覧席の申込み方法は?日程や見所は?


お盆が終わり、いよいよ夏もそろそろ終わりが近づいていますね。

暑かった日々も少しずつ落ち着きを見せ始め、
このまま秋へとまっしぐら~と思うのはまだ早いですよ!

まだまだ暑い夏は終わりません!

忘れちゃいけないイベント、そう、
『岸和田だんじり祭り』があるじゃないですか!

kisiwadadanjiri
出典:http://gigazine.net/news/20120916-kishiwada-danjiri-photo/

このアツいイベントをやらずして、夏は終われません!

そんなわけで今回は、『岸和田だんじり祭り』について、
2015年日程や見所観覧席などについてご紹介していきます!

スポンサードリンク


 

岸和田だんじり祭りとは?見所は?

まずは知っておきたい
『岸和田だんじり祭り』についてのお話です。

名前は聞いたことがあっても、
詳しいことまでは知らない人も多いですよね。

実は歴史は古くて、江戸時代の1745年が起源とされており、
神社でのお祭りで豊作を願うのが「だんじり」の本来の目的です。

そもそも、「だんじり」ってナニ?って話ですよね。

「だんじり」というのは、
いわゆる「山車(だし)」のことです。

「山車」は祭礼の際に奉納されるもので、
この呼び方は西日本特有だそうです。

「曳きだんじり」「担ぎだんじり」という
2種類に分けることが出来るそうです。

そういう歴史の中で、徐々に
「だんじり」がメインとなってきました。

特に『岸和田だんじり』は他とは違います。

「肩棒」という「だんじり」を囲う木枠がなく、
車高がやや低めで
重心が下の方にあるように見えるという特徴があります。

他では見れない光景が見れるとあって、
毎年人気のイベントになっています。

そして見所は何といっても

“スピードを維持したままの高速走行!からの角曲り!”

テレビで見たことがある人もいると思いますが、あれはすごいです。

あれ、実はちゃんとした名称があって、「やりまわし」と言います。

一般的に山車やだんじりを動かすお祭りでは、
角を曲がる際にはちゃんとスピードを落として曲がります。

ですが『岸和田だんじり祭り』ではスピードそのままに曲がります。

かなり危険と隣り合わせですが、
こんな大迫力なだんじりを見れるのは岸和田だけです!

上に乗る人と、下で方向を調整する男衆たちの絶妙なバランスを
是非とも間近で見てみたいものですね!

岸和田だんじり祭り2015の日程とアクセス

そんな『岸和田だんじり祭り』ですが、
いつ頃開催されるのでしょうか?

2015年の日程を以下にまとめてみました!

< 岸和田だんじり祭り 2015年日程 >

~9月祭礼~ (岸和田市の主に海側地域中心:岸和田地区、春木地区)

○試験曳き  9月6日(日)・18日(金) 両日共に 14:00 ~ 16:00

○宵宮     9月19日(土) 6:00 ~ 22:00

○本宮     9月20日(日) 9:00 ~ 22:00

~10月祭礼~ (岸和田市の主に山側地域中心:岸和田山側、和泉市)

○試験曳き  10月4日(月) 13:00 ~ 15:00

○宵宮     10月10日(土) 6:00 ~ 22:00

○本宮     10月11日(日) 7:00 ~ 22:00

「え!?」と思った人も多いはず。
そうです、実は『岸和田だんじり祭り』は9月と10月に開催されるのです!

10月の方は関西以外の観光客が少ないため、規模も小さめ。

ですがその分見学もしやすく、
迫力自体は全く変わらないのでおすすめだったりします。

ちなみに、「試験曳き」とありますがこれはいわゆる「練習日」です。

上記の動画にあるように、本番さながらに行うので、
この日に見学する人も多いとか・・・。

気になるアクセス方法ですが、以下の通りになります!

< 岸和田だんじり祭り アクセス方法 >

開催場所:大阪府岸和田市

最寄り駅:南海本線:岸和田駅、蛸地蔵駅、和泉大宮駅

※岸和田駅は大混雑が予想されるので、他2駅利用がベスト!

当日は広範囲に渡って交通規制が実施されるため、
車ではなく電車で来た方が良いです。

岸和田だんじり祭り2015桟敷観覧席の料金や申込み方法

ものすんごい混むんだろうな~・・・というのが容易に想像出来ますが、
実は『岸和田だんじり祭り』には桟敷観覧席というのがあります。

もちろん有料ですが、予約も出来ちゃうので便利なんです!

ただし!今年の予約販売は既に終了・・・残念です。

ちなみに、予約方法としては「電話・メール」では受付けておらず、
封書でのみ『予約案内書』を請求できるそうです。
(岸和田だんじり祭観光協会宛て)

「あ~もうないのかぁ」と思った人!まだ大丈夫です!

終わったのは「予約販売」で、
「観覧席販売」自体は7月18日から開始しています!

入手方法は以下の通りです。

・岸和田だんじり祭観光協会     ・チケットぴあ
・セブンイレブン             ・サークルKサンクス

金額は“日にち”や“時間”、“内容”などで詳細に分けられていますが、
大体安くて2,000円~で、高いと7,000円程です。

スタンドも「西カンカンスタンド」と「東コープスタンド」とあり、
それだけでも金額に違いが出てきます。

それと、今年から試験的に「夜間枠」が採用されています。
これは多くの要望を受けてはじめたことなので、まだ試験段階です。

なので、金額は「自由席1,000円」とお手頃価格。
昼と夜の違いを見たい人は、見てみるのも良いかなと思います。

まとめ

いかがでしたか?
テレビでも見たことがある人も多いと思いますが、私もその1人です。

画面越しでもかなりの迫力だというのが感じられるのに、
実際に生で見たらどれだけの大迫力なんだろうと思いますよね。

特に、角を曲がるときなどはもう、
見てる方がこわい!と思うくらいのスピードですよね!

なかなか見れるものでもないので、
どうしても間近で見てみたくなるものですが、
相当危険なのであまり近づかないようにしましょう!

誘導役の方もいるようですが、
ちゃんと指示に従って安全を確保しつつ、
アツい展開を見守る方がより楽しめるかなと思いますよ!

まだまだ終わらない暑い夏をアツい男衆の熱気と迫力と共に、
心に刻んでみてはいかがですか?

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ