祇園祭2015年の日程と宵山や山鉾巡行のみどころ


夏の京都と言えば、祇園祭を思い浮かべませんか?

gionmaturi

宵山山鉾巡行など、テレビでたくさんの観光客が
映し出されているのを、一度は目にするのではないでしょうか?

そこで、京都祇園祭に訪れたことのない人に
祇園祭の日程と宵山や山鉾巡行の見所を紹介したいと思います。

京都の暑い7月、またたくさんの人波でしょうが、
まだ行ったことがないという人は、一度行ってみてはいかがでしょう。

日本を代表する三大祭のひとつ。行くだけの価値はあるのでは・・・

スポンサードリンク


 

日本三大祭の一つ祇園祭とは?

日本三大祭(東京の神田祭・大阪の天神祭・京都の祇園祭)
ひとつで、祇園祭は八坂神社の神事です。

八坂神社から山鉾町を中心にさまざまな行事や神事が行われます。

祭りの期間は、7月1日~7月31日の1ヶ月間行われます。

祇園祭の歴史は、1100年前からと伝えられています。

当時この地域で疫病が流行りました。

厄災の除去や疫病退散の思いを込めて、
神泉苑に66本の鉾を立てて、
祇園の神を祭る神事を行うようになったことが由来とされています。

2015年祇園祭の主な日程

祇園祭は、1日の「吉符入」から、31日の「疫神社夏越祭」まで、
ほぼ毎日行事が行われています。

その中でも有名な行事のスケジュールは、以下の通りです。

 

宵山(前祭):14日~16日
   (後祭):21日~23日

 山鉾 鉾建(前祭):10日~13日
    山建(前祭):12日~14日
    山鉾巡行(前祭):17日午前9時~

    山鉾建て(後祭):17日~21日
    山鉾巡行(後祭):24日午前9時30分~

 お迎提灯  :10日午後4時30分~
 神輿洗式  :10日午後8時~

 神幸祭   :17日午後4時~
 神輿渡御出発式:17日午後6時~

 還幸祭   :24日午後10時頃~
 花傘巡行  :24日午前10時

 疫神社夏越祭:31日午前10時~

やはりメインは宵山の前祭の、
宵山(16日)・宵々山(15日)・宵々々山(14日)
山鉾巡行ではないでしょうか?

祇園祭宵山の見どころ

宵山では、各山鉾町に山鉾が飾られ、
コンコンチキチン、コンチキチンの祇園囃子が聞こえます。

旧家や商家では、宝物を一般に公開する屏風祭もしています。

一部の山鉾町では、「南観音山あばれ観音」「役業者山護摩焚き」といった、
伝統行事が開催されます。

また、

京都のメイン通りの「四条通(東大路~堀川)
・烏丸通(御池~高辻)」が
15日・16日18じ~23時まで歩行者天国
になります。

八坂神社周辺や各鉾町で交通規制あり。

15・16日の18時~23時の間は、露店が立ち並びます。

室町通新町通はひとで、大変混雑します。
比較的に、油天神山太子山のあたりは、空いているようです。

また子どもと一緒なら、
夜よりも昼間のほうが人通りが少ないので、安心です。

また、後祭は歩行者天国も露店もありませんが、
前祭よりは人出がすくないので、人混みの苦手な人におすすめです。

山鉾巡行の見どころ

山鉾は、大きく山と鉾に分けられます。

山と鉾の違いは、
屋根の上やご神体の後ろに松が立てられているのが山、
屋根の上などに鉾が立てられているのが鉾です。

山のなかでも、岩戸山・北観音山・南観音山のように
車輪がつき40~50人の曳手が引っ張っていくのを曳山
神輿のように曳手が担いでいるのを舁山

鉾は、長刀鉾のように車輪が付き曳手が引っ張っていくものと、
綾傘鉾四条傘鉾のように、大きな傘と棒ふりが一緒に行進する傘鉾
があります。

違いを探しながら山鉾を見てもおもしろいのでは?

山鉾巡行の日程

17日の山鉾巡行(前祭)は、午前9時に23基の山鉾の
巡行の順番を確認する「くじ改め」から始まります。

前祭の長刀鉾・函谷鉾・放下鉾・岩戸山・船鉾と
後祭の北観音山・橋弁慶山・南観音山・大船鉾は
巡行順が決まっているので、くじを取りません。(くじ取らず)

先頭は、毎年長刀鉾、最後尾は大船鉾と決まっています。

前祭に登場する山鉾(23基)は、
  長刀鉾・函谷鉾・菊水鉾・月鉾・鶏鉾・放下鉾・岩戸山・船鉾・
  山伏山・孟宗山・太子山・郭巨山・保昌山・油天神山・四条傘鉾・
  蟷螂山・伯牙山・木賊山・霰天神山・白楽天山・芦刈山・占出山・
  綾傘鉾です。

巡行経路

四条烏丸(9:00)⇒四条通麹屋町(9:20頃)⇒四条河原町(9:40頃)
⇒河原町御池(10:35頃)⇒新町御池(11:25頃)

です。

山鉾巡行の見どころといえば、「辻回し」です。
一言で言うと方向転換です。

山鉾の車輪は、方向を換えられるように出来ていません。
そこで、山鉾が交差点に差し掛かると、
路面に青竹が敷かれ、たっぷりと水をかけます。

その青竹に山鉾の車輪を乗せて、
強制的に90度回転させて、方向を換えます。

辻回しは、四条河原町・河原町御池・新町御池の交差点

で行われます。

とても迫力があって圧巻です。見逃さないようにしましょう。

24日の後祭の山鉾巡行には、四条通や御池通など、
京都市中心部で車両通行止になります。

後祭に登場する山鉾(10基)は、
  北観音山・南観音山・橋弁慶山・役行者山・鯉山・八幡山・
  鈴鹿山・黒主山・淨妙山・大船鉾
です。

巡行経路

烏丸御池(9:30)⇒御池通寺町(くじ改め)⇒河原町御池(10:00過)
⇒四条通河原町(10:40頃)⇒四条烏丸(11:30頃)

です。

辻回しは、河原町御池四条河原町

で行われます。

まとめ

山鉾のなかには、一般でも搭乗できるのもあるので、
実際に乗ってみてはいかがでしょうか?

色々と見どころもたくさんあります。

人出も多く、観光には、大変かもしてませんが、
見る価値は十分あると思います。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ