姫路城周辺の観光スポットおすすめはここ


平成の大修理を終えて、姫路城が、
生まれ変わりました。

himejijyou

せっかく姫路まで来たので、姫路城だけでなく、
周辺観光をしてみては、いかがでしょうか?

姫路城の周りをぐるっと走る、ループバスで、
観光できるスポットッを案内したいと思います。

スポンサードリンク


 

観光ループバスについて。

姫路城の周りを1周20分で、
1日16回(土・日・祝日は27回)運行します。

運行時間:午前9時~午後5時

運行日:毎日(12月~2月は土・日・祝日のみ)

料金:大人100円、小人(6歳~小学6年生)50円
1日券大人300円、小人150円

レトロ調なバスが案内してくれます。

basutei

運行ルートは、

姫路駅前(神姫バスターミナル) → 姫路城大手門前 → 姫路郵便局前 → 美術館前 → 博物館前 → 清水橋(文学館前) → 好古園前 → 大手前通り → 姫路駅前(姫路OSビル前)

です。

観光ループバスの運行ルート順に観光スポットを紹介したいと思います。

市立美術館

市立美術館は、姫路城を東から見ることができ、
美しい写真が撮れる姫路城十景のひとつです。

明治時代の建物で、緑の芝生にかこまれ、
赤レンガでおしゃれです。

夜間は姫路城と共にライトアップされています。

敷地内には、彫刻などが配置され、散策しながら
芸術鑑賞を楽しめます。

デートにも、いいのでは?

開館時間:午前10時~午後5時
休館日:月曜日(祝日を除く)
祝日の翌日」(土・日・祝日を除く)
年末年始
入館料:大人200円、大学・高校生150円、小・中学生100円

兵庫県立歴史博物館

兵庫県立歴史博物館では、
十二単、鎧などの着付け体験が、通年できます。
(着付け体験は、10:30、13:30、15:30希望者多数時は抽選)
観覧料金が必要、予約は不要

おもちゃや、紙芝居などで、遊べます。

開館時間:午前10時~午後5時
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始
入館料:一般210円、大学生150円、高校生100円、小・中学生無料

文学館

文学館は、姫路城の北西に位置すします。

南館には、映像展示室・司馬遼太郎記念室・図書室があり、
北館には、播磨曼茶羅・文人展示室があります。

和室と茶屋を備えた望景亭もあります。

また、北館展望台からの眺めは壮観です。

開館時間:午前10時~午後5時
休館日 :月曜日(祝日は開館)・祝日の翌日(土日は開館)・12月25日~1月5日
入館料 :一般300円、大学・高校生200円、小・中学生100円、20人以上の団体2割引

好古園

好古園は、池泉回遊式の日本庭園で、面積は1万坪

9の趣の異なる庭園群から、出来ています。
お屋敷の庭・茶の庭・流れの平庭・夏木の庭・築山池泉の庭など

園内には、レストランや茶室もあります。

開園時間:4月下旬~8月31日は9時~18時、9月1日~4月中旬は9時~17時
休園日 :12月29日・30日
入園料 :大人300円、小中学生150円(姫路城と共通で大人1040円、小人360円

まとめ

レトロなループバスに乗って、1日ゆっくりと姫路城周辺を
観光してみては、いかがでしょうか?

観光費もそんなにかからなくて、
家族で、夫婦で、友達同士で、カップルでと、
誰とでも、楽しめて、少し勉強になるかもしれません。

建物の中の観光なので、雨が降っても安心です。

一度、姫路城と合わせて、観光してみて下さい。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ