2015年春夏秋冬の土用の丑はいつ?由来は?


今年もうなぎを食べる季節が、やって来ました。

そう!!土用の丑の日です。

unagi

スーパーのチラシもうなぎ一色になりますよね。

でも、土用の丑の日は、季節ごとにあるって、知ってましたか?

春の土用の丑の日、夏の土用の丑の日
秋の土用の丑の日、冬の土用の丑の日

季節ごとに、違いがあるので、調べて見ました。

スポンサードリンク


 

土用の丑の日の由来は?

土用は、中国の五行に由来する暦の雑節で、
立春・立夏・立秋・立冬の日のそれぞれの前18日間
の期間のことをいいます。

五行とは、「木火土金水」のことを示します。

これを季節で表すと
木は春、火は夏、金は秋、水は冬となり、
土がどの季節にも当てはまらなくなります。

そこで、立春・立夏・立秋・立冬の前18日間を
土として、「土用」と呼ぶことにしました。

丑の日はというと、十二支の
子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の
丑のことで、18日ある土用の間に丑が当てはまった日が
「丑の日」になります。

18日ある間の十二支ですので、
当然2回あることもあります。

2回目の丑の日のことを二の丑といいます。

土用の丑の日にウナギを食べるようになった由来は

江戸時代にウナギが売れなくなったウナギ屋が、
平賀源内に相談したところ、

「本日、土用の丑の日」と店に紙を張っては?
と提案をしたところ、繁盛したので、
このことにちなんで、土用の丑の日にウナギを
食べるようになったようです。

unajyu

夏の土用の丑の日について

2015年の夏の土用は、7月20日~8月7日です。
土用の丑の日は、7月24日と8月5日です。

夏の土用の丑の日には、「う」のつく食べ物(黒い食べ物)
を食べるて、夏バテ防止、疲労回復、無病息災を願ったようです。

「う」のつく食べ物:ウナギ・梅干・瓜・馬の肉・牛の肉
などを食べるといいようです。

また、夏の猛暑を乗り切るために、
土用餅:夏の土用の入りに縁起物として。
土用しじみ:腹の薬といわれ、整腸作用・夏バテ防止に。
甘酒: 暑気払い・疲労回復に。
なども食べるといいようです。

春・秋・冬の土用の丑の日について

2015年春の土用の日は、4月17日~5月5日です。
春の土用の丑の日は、4月19日です。

春の丑の日は、「い」のつく食べ物(又は白い食べ物)

2015年秋の土用の日は、10月21日~11月7日です。
秋の土用の丑の日は、10月28日です。

秋の丑の日は、「た」のつく食べ物(又は青い食べ物)

2015年冬の土用の日は、1月17日~2月3日です。
冬の土用の丑の日は、1月13日と1月25日です。

冬の丑の日には、「ひ」のつく食べ物(又は赤い食べ物)

また、冬の土用には、口紅を買う習慣がありました。

まとめ

土用の丑の日には、
ウナギがなくてはならない食べ物になってきています。
と言っても、高値ですよね。

我が家は、5人分いるので、大変です。

そこで、近畿大学が養殖マグロに成功して
マグロが、安くたべられる、お店が出来たように、
ウナギもそうなるといいですね。

そして、ウナギを食べて、猛暑を乗り切りましょう。

また、せっかくなので、春・秋・冬の土用の丑の日も、
食べるとよいとされているものを、食べてみてはどうでしょう。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ